So-net無料ブログ作成
関東甲信越 登山 ブログトップ
前の10件 | -

本仁田山-川苔山 [関東甲信越 登山]

2019年10月12日の台風の災禍で日原方面不通のために蕎麦粒山に代えて実施。同じく長くきつい道のりでしたが行き交う人も少なく&スリルも味わいながら奥多摩の秋山を楽しみました。

s-IMG_6803.jpg

7時歩き始めの同様のハードコースです。

s-IMG_6805.jpg

日原川を渡って安寺沢沿いに林道上がる

s-IMG_6811.jpg

モノレール付き 古民家の横を上がっていきます 地主の方のご好意らしいです

s-2675.jpg

うへー 取り付きだけですが さすが台風あと

s-IMG_6817.jpg

あとはジグザグ急登を上へ もうすぐ大休場?尾根上の平たいところですが

s-IMG_6819.jpg

花折戸尾根分岐 鳩ノ巣の取り付きあたりの沢が渡れないらしいです

s-IMG_6820.jpg

うれしい登頂!目の前の丸こい石は、その昔、氷川の河岸から私たちが積んだものかもしれません?

s-IMG_6823.jpg

今日は晴れてなにより!

s-IMG_6830.jpg

コブ高山 こちらは大根の山の神へ 日帰りの時に重宝しそうです 

s-IMG_6831.jpg

私たちは前泊ですし、さらに奥へ

s-IMG_6833.jpg

振り返ると、あっという間に本仁田山がせり上がり 

s-IMG_6835.jpg

さてその場で決めようと思っていましたが、正面が鋸尾根、右に東の巻き道(左への巻き道はすでに通行止め)

s-IMG_6837.jpg

鋸尾根(難路)の表示に、巻き道へ行ってみると、急斜面のトラバース道が始まってヤバイところになってしまいました

s-IMG_6841.jpg

引き返して鋸尾根に仕切り直し やはり尾根道は安心

s-IMG_6842.jpg

大岳山が見えてなごみます

s-IMG_6843.jpg

どんな岩場が出てくるかなとは思いましたが、

s-IMG_6853.jpg

だいじょうぶ。下りの方がいやか

s-IMG_6850.jpg

標高が上がって色づいてきました。

s-IMG_6855.jpg

川苔山をロックオン


s-IMG_6857.jpg

舟井戸にてメインルートも合わさって、お腹が空いたけどあと少し。

s-IMG_6860.jpg

そのむかし売店もあった肩を過ぎ、

s-IMG_6865.jpg

登頂~ 平田さん 初登頂

s-20842.jpg

達成感!

s-IMG_6867.jpg

今日歩いていたかもしれない、トヤド尾根

s-IMG_6868.jpg

三つドッケ

s-IMG_6870.jpg

ちらりと蕎麦粒山

s-IMG_6873.jpg

なかなかいいところでしたが、台風後の現実的な状況はこのとおりで 行ってはいけないところばかり。

s-IMG_6878.jpg

ふだんのこの時期でしたら もっと登山者も多いのでしょうが。

s-IMG_6883.jpg

やはり台風を耐えて色づいている これらの紅葉を見てあげてください。

s-IMG_6891.jpg

鳩ノ巣へ長い下り道。小沢を渡るところは多少崩れていますが 

s-IMG_6892.jpg

いつごろ積まれたのか 石積みのじょうぶなことには感心するばかり(昭和40年代後半まで 住まわれていた 峰集落が有名です)

s-IMG_6894.jpg

大量の倒木

s-IMG_6897.jpg

大根の山の神 私たちは写真右から、左から下りてきた方々は本仁田山から

s-IMG_6905.jpg

将門伝説の、鳩ノ巣城山が大きい

s-IMG_6908.jpg

ネコと対峙する鷲田さん

s-IMG_6913.jpg

奥多摩駅へ戻り。久しぶりのアドベンチャーコーチ

s-IMG_6914.jpg

がんばれ観光荘!

s-IMG_6915.jpg

期待の、餃子屋さんお休み~

s-IMG_6917.jpg

青梅まで出て「とんでん」へ。神奈川には少ないのですが、おいしいイワシ御膳をいただけました。台風後にリスクポイントを抑えながら、しっかりと歩けたのはほっとしました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奥多摩 六ツ石山 [関東甲信越 登山]

六ツ石山へ 奥多摩駅集合、マイカー組は湖畔駐車場へ。

s-IMG_6715.jpg

先の台風で、まだまだ満水の奥多摩湖 ダムからの放流もすごかったです

s-IMG_6724.jpg

登山口へ水根沢を少しさかのぼります 御前山方面がせりあがってきます

s-IMG_6726.jpg

農家さんの畑横からとりつき ここまで山行記録はチェックしながらも、むかしみちなどの人気コースでも通行止めが相次いでいてひやひやしました 

s-IMG_6728.jpg

尾根筋では倒木以外はだいじょうぶでしょう

s-IMG_6730.jpg

小さな祠 風の神土?

s-IMG_6731.jpg

急登を上がるとトオノクボにて黄葉。カラマツも。

s-IMG_6735.jpg

防火帯をしばらく上がって山頂へ。

s-IMG_6737.jpg

ガスに巻かれてしまったけど登頂!学生さんの団体もいました。

s-IMG_6743.jpg

山頂からの奥多摩駅へ長い石尾根へ。

s-IMG_6746.jpg

これが六ツ石?

s-IMG_6753.jpg

しばらく下りるとガスの下に出て、御前山現る

s-IMG_6762.jpg

こちらは日原不通にて、次の日に行けなくなってしまった蕎麦粒山

s-IMG_6768.jpg

紅葉も若干遅めながら進行中。

s-IMG_6771.jpg

しばらくお預けの日原川上流の山々

s-IMG_6772.jpg

峰畑峠というところだったかな 北側から林道が通じていました

s-IMG_6774.jpg

羽黒山のあたりへ。もとから予定にはありませんでしたが、城集落やイソツネ尾根も小沢を小橋で横切っていくので、リスクが大きいでしょう。

s-IMG_6777.jpg

三田は戦国の地域豪族の名。羽黒は やはり出羽関係なのでしょうか?

s-IMG_6778.jpg

愛宕山が近づいてきました。

s-IMG_6782.jpg

まずはお宿 観光荘へ。

s-IMG_6783.jpg

高橋様!季節のデコレーションもきれいで寛げるかんじ。ほっとしますね。

s-IMG_6785.jpg

日帰りの方をお送りして日原川を奥多摩駅へ。(その後 奥多摩湖へ車も回収)

s-IMG_6796.jpg

彩り豊かで美味しいお食事。毎年来たいくらいです。。。

s-IMG_6797.jpg

さて天皇陛下!もお泊りになりました。横に、このセンスいいこの お宿の女将さん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北ア 秋の燕岳② [関東甲信越 登山]

登山2日目? 山小屋に泊まると、夕暮れのほかに 日の出も楽しむチャンスがあります

s-IMG_5230.jpg

陽が上がる前にいい色の時間があります

s-IMG_5231.jpg

遠方なのに 富士山もくっきりですね

s-IMG_5240.jpg

餓鬼岳かあ

s-IMG_5242.jpg

こんな日の出でした

s-IMG_5257.jpg

しばらくして槍ケ岳

s-IMG_5269.jpg

さらにしばらくして

s-IMG_5271.jpg

下山がもったない気がしまして 秋のアルプス稜線を、蛙岩まで往復してくることに

s-IMG_5272.jpg

立山-剣岳 今年登った左の龍王岳も見えてうれしい

s-IMG_5274.jpg

黒岳 湯俣から真砂岳への尾根にも苦戦しましたs-IMG_5276.jpg

あそこかな

s-IMG_5278.jpg

この大岩の間をぬけるところがおもしろいです

s-IMG_5280.jpg

こんな感じです

s-IMG_5284.jpg

奇岩の稜線ですね

s-IMG_5286.jpg

柴崎さんの勇姿

s-IMG_5289.jpg

イエス #トレッキング と言葉が浮かびました

s-IMG_5294.jpg

大天井岳まで行きたいけど もう1日要ります

IMG_5027 4.jpg

2枚をつないでみました 右に 笠ケ岳や双六岳が見えます

s-IMG_5302.jpg

北方を見ながら 復路です

s-IMG_5303.jpg

今年最後のアルプスは天気にも恵まれました

s-IMG_5309.jpg

来年は湯俣の温泉に入りに行こうかしら(山小屋だけど いい湯宿ですよ)

s-IMG_5310.jpg

何かいました

s-IMG_5317.jpg

雷鳥さん?

s-IMG_5318.jpg

こんな感じにおかくれに。

s-IMG_5321.jpg

岩と柄が似ているんですよね

s-IMG_5324.jpg

槍ケ岳さようなら

s-IMG_5319.jpg

燕岳さようなら

s-IMG_5335.jpg

燕山荘さようなら

s-IMG_5338.jpg

ナナカマドの赤

s-IMG_5340.jpg

ダケカンバの黄色

s-IMG_5342.jpg

そのミックス

s-IMG_5351.jpg

また来たいなあ

s-IMG_5354.jpg

合戦小屋の下 少しずつ上がってきています

s-IMG_5363.jpg

森林限界下で シラビソが入ってもいいですよね

s-IMG_5364.jpg

有明荘は下山後もお風呂に入れてくれます(荷物は外で整理 私たちはクルマに置きでしたが、荷物も預かってくれます)

s-IMG_5374.jpg

お昼にトンカツ定食をいただきました

s-IMG_5378.jpg

穂高駅で大阿久さんとはお別れ。穂高駅で多少待ちましたが、松本に出て、帰りは久しぶりにあずさで、まあーにぎやかに帰りました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。


ご参加者の声:「3日間!大変お世話になりましたぁ!楽しかったです!」「北アルプスパノラマ写真プラス雷鳥3羽。燕岳はなぜ100名山じゃないの???」「素晴らしい写真に感激です。楽しい燕岳ご一緒させて頂きありがとうございました」「燕岳やま旅、お疲れ様でした[わーい(嬉しい顔)] とても楽しい登山が出来ました [るんるん]燕岳山頂の絶景に感激です [ぴかぴか(新しい)]ご一緒させて頂いた皆様に感謝です ありがとうございました[\(^o^)/]」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北ア 秋の燕岳① [関東甲信越 登山]

北ア燕岳の人気コース わたし自身も秋には初めてです。

s-IMG_4918.jpg

夕立の一瞬前に有明荘に到着、前泊、夕食には焼酎を飲んだようですね

s-IMG_4957.jpg

合戦小屋は 建て替えていくのだそうです

s-IMG_4969.jpg

槍ヶ岳が見えた!

s-IMG_4973.jpg

合戦尾根の上部で紅葉が色づいてきました

s-IMG_5015.jpg

ハハコグサ

s-IMG_5022.jpg

うひょー、伸びやかな稜線上では 白い花崗岩や緑の這松を合わせた絶景あり

IMG_5027 2.jpg

どや

s-IMG_5036.jpg

荷物をデポして山頂へ イルカ岩

s-IMG_5076.jpg

楽しいですね

s-IMG_5075.jpg

燕山荘方面を振り返り

s-IMG_5079.jpg

ずっと天気が悪かったそうなのですが、ガスも晴れてきました 大天井、前穂方面

s-IMG_5080.jpg

登頂!撮影いそがしい

s-IMG_5085.jpg

V グー

s-IMG_5096.jpg

北燕岳にも足を延ばしました お気に入りのところです

s-IMG_5105.jpg

深い谷の向こうは野口五郎方面

s-IMG_5118.jpg

お散歩の帰り道、

s-IMG_5145.jpg

の傾き加減などからあるかなーと思ったら現れた ブロッケン現象

s-IMG_5155.jpg

楽しい最高の稜線散歩です。

s-IMG_5165.jpg

戻れば やはりこれですね

s-IMG_5166.jpg

東も開けてきました 有明山が真正面に見えます

s-IMG_5188.jpg

日が暮れていく

s-IMG_5191.jpg

水晶岳 彩雲

s-IMG_5192.jpg

とんがりは針の木岳かなあ

s-IMG_5194.jpg

夕陽は最後、こんなになってしまいました

s-IMG_5216.jpg

槍ヶ岳、おやすみなさい 寒くなりましたが、いろいろ楽しめました。

s-IMG_5222.jpg

楽しみな夕食 1回転で済んだようです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山梨 小楢山 [関東甲信越 登山]

山梨 小楢山へ。塩山駅に特急集合がかなわなくなった平日に八王子駅発乗り合いを お試ししてみました。

s-IMG_4764.jpg

八王子駅から2時間半で登山口焼山峠へ。なんと現地集合の猛者の方も!

s-IMG_4775.jpg

お足並みもよく防火帯もぐいぐいと直登

s-IMG_4779.jpg

的石も横に見て快調に さすがに涼しくなって歩きやすくなったか 標高差200mでもともと軽めですが、前回の印象がきつめだったのかな。

s-IMG_4792.jpg

いい山頂です。移動は長かったですが12時に到着できました。

s-IMG_4794.jpg

勝沼一宮の向こうに富士山が半分だけ

s-IMG_4798.jpg

塩山の塩の山も見えますね 足元に牧丘のぶどう畑の広い展望が広がりました

s-IMG_4797.jpg

ご飯も食べて記念写真

s-IMG_4806.jpg

昼ねなどして長く山頂に滞在。古那羅峠に寄り道して下山へ。少々歩き足りないかもしれなかったですが、私は久しぶりに山をゆっくり歩けた気がします。

s-IMG_4816.jpg

五丈岩の金峰山発見!

s-IMG_4828.jpg

乙女高原に立ちよりして おやつタイム

s-IMG_4829.jpg

道の駅でお買い物。巨峰の季節で、アウトレットのぶどうをたくさん買い込みましたが、どれも美味しくてびっくりしました。*長距離をレンタカーで移動するトライアル ちょっと ご窮屈+長いかなー。なにより申し訳ないことに! お2人ほど あとのお申し込みの方々にお乗り(ご参加)いただけず心残りでした。八王子市内が少々混むのと、距離的にはここや大菩薩くらいまででしょうか。またやってみますね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

甲斐駒ヶ岳 [関東甲信越 登山]

8月末あたりから急きょ、話がまとまって甲斐駒ヶ岳へ

s-IMG_3761.jpg

芦安、白峰会館でランチをとっていたら 予定バスの30分前にタクシーが出るようでうまく乗れました。広河原で北沢峠行きを待っていると、ぎゅうぎゅうのバスが着いたので、座れなかった可能性もあります。

s-IMG_3766.jpg

金曜日なのに すでにテント場もけっこうなにぎわい。3連休の大波をひしひし感じます。

s-IMG_3774.jpg

こちら、「予約数の最も少ない小屋(小屋主談)」仙水小屋です。大好きです。

s-IMG_3775.jpg

この刺身と外で食べれるのと、朝4時に朝食にしてくださいます

s-IMG_3777.jpg

翌朝4:45出、仙水峠へ

s-IMG_3782.jpg

日の出に間に合いました 神々しい

s-IMG_3783.jpg

摩利支天に陽が当たります

s-IMG_3795.jpg

宇多田ヒカルさんの栗沢山もせりあがってきます

s-IMG_3797.jpg

甲斐駒も白く、迫ってきました

s-IMG_3800.jpg

鳳凰地蔵岳のオベリスク、そして「こんにちは富士山」

s-IMG_3803.jpg

峠から駒津峰までけっこうきついんです 600m? 天気はばつぐんです。

s-IMG_3817.jpg

鳳凰と富士山が重なりました。

s-IMG_3819.jpg

仙丈岳も大きい、でもハイマツ帯になってもきつい もうすぐ駒津峰

s-IMG_3825.jpg

北岳・間ノ岳も。

s-IMG_3827.jpg

軽快な方々が追い越していきます。どうも荷物が違う(小さい)ようです。駒津峰に少しデポしました。

s-IMG_3828.jpg

私たちは小屋泊まりだけど荷物多く、テント泊かこもれび泊まりの人は荷物少ないのでしょう。軽量化には注意していたつもりなのですが、、、Wさんは六方石にとどまり、また直登コースも自重することにしました。

s-IMG_3831.jpg

最後のお白洲劇場

s-IMG_3844.jpg

南部の高山が並びます

s-IMG_3855.jpg

登頂しました!金のわらじが飾る祠が迎えてくれます

s-IMG_3856.jpg

風もなく すばらしい登山日よりとなりました それにしても登山者が続々と連なってきます

s-IMG_3860.jpg

今ままで見えなかった 八ヶ岳赤岳も見えてきました

s-IMG_3864 2.jpg

お昼を食べて 記念写真!

s-IMG_3881.jpg

さあ、下山です。登山者はますます増えてくるばかりですれ違いがたいへんです

s-IMG_3884.jpg

久しぶりの木陰

s-IMG_3888.jpg

Wさんと合流してほっとしました

s-IMG_3897.jpg

雲海が出てきました

s-IMG_3902.jpg

駒津峰を越えて 甲斐駒をバックに記念写真!

s-IMG_3907.jpg

シラビソの木も尊いですね

s-IMG_3910.jpg

長くつらい下りで、皆さんそれぞれ「満身創痍」のようになってきましたが、はげましあってゆっくり下りてきました。

s-IMG_3916.jpg

北沢峠 15時15分ころ。やはり16時より早い臨時バスに乗り込んで早めに広河原に出ましたが、芦安へは16:45発の最終バスに。白峰会館のお風呂・食堂は17時まででしたので、お風呂は富士川近くの、食事は境川PAでとって、高尾山口駅21時となりました。登山時間10時間30分、3連休の人の波も影響したと思いますが えらくハードな1日でした。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。


☆皆様の感想(LINEなどより)

・色々勉強にななりました。身体を絞り、筋力をつけ、又皆さんと一緒に色々な山へトライしたいと思いました。

・お疲れ様です、また皆様と行きたいですね。

・なんだか忘れましたが、何気ない事で、沢山笑いました。楽しかったです 楽な山は、ありませんが、今回も厳しく楽しい山登りができました」

・本当にキツかったけど、皆さんのおかげで登頂できました?お世話になりました。お天気[晴れ]?に恵まれ大パノラマの展望は最高でした?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

本社ケ丸 [関東甲信越 登山]

9月の最初の週末、八ヶ岳の予定を本社ケ丸にしてお声がけしたところ 初めての方、久しぶりの方など大勢お集りいただきました。思ったより暑くなって苦戦しました。

s-IMG_3616.jpg

大月駅から発電所までタクシー利用、940m地点歩き出し 90分ほどラクをしました

s-IMG_3617.jpg

白馬で寒い思いをしたのに まだまだ暑い暑い

s-IMG_3618.jpg

伐採地・植栽地の日向が暑かった! やっと日陰に入りました。s-IMG_3622.jpg

600mの急登です 

s-IMG_3624.jpg

清八峠にて一息 富士山見えてます さらに尾根道を小一時間

s-IMG_3629.jpg

岩場がありました もっと楽しいのでしょうがけっこう暑い・・・

2019 honjyagamaru.jpg

清八山方面 まだ緑が濃いです

s-IMG_3632.jpg

さらなる岩場で一息 後方に御坂黒岳

s-IMG_3634.jpg

おっと 右から甲斐駒から鳳凰・白峰三山と南アルプスのお出ましです

s-IMG_3639.jpg

フーフー

s-IMG_3640.jpg

八ヶ岳や中アルプスもだったかな

s-IMG_3646.jpg

お昼に登頂、お弁当にしました 山中で お2人ほどすれ違いましたが、山頂は私たちだけでした

s-IMG_3643.jpg

井出さんの おいしいいっぷく

s-IMG_3647.jpg

周遊も考えましたが よもやの暑さにご体調重視で 大事をとって往路をもどります

s-IMG_3650.jpg

行きには気がつかなかった 草木が目に入りました これはミヤマホツツジ カールがかわいい?

s-IMG_3653.jpg

こもれるような岩穴

s-IMG_3659.jpg

右の三角山は 昨年おとずれた釈迦ケ岳ですね

s-IMG_3660.jpg

三つ峠山 岩場

s-IMG_3663.jpg

ブナ林なのです 黄葉もきれいそうです

s-IMG_3661.jpg

名前が地味なのかしら 本社ケ丸なんて オジャガマルみたいな響きです

s-IMG_3666.jpg

岩場や展望がアクセントの、いい山でした

s-IMG_3668.jpg

でも笹子駅からの往復や 周回だときついですね

s-IMG_3669.jpg

笹子川対岸の、滝子山など 紅葉がよさそうですよ

s-IMG_3670.jpg

林道に出ました! おつかれさまでした。

s-IMG_3671.jpg

小さい沢が流れていて、ひんやりした水の冷たさに癒されました。午後は少し涼しい風が吹きましたが、日中はハプニング的な暑さで、私は翌日もみょうな疲労感が残りました。久しぶりの方々は(岩場の登り降りのせいかな)筋肉痛だったようですね。ご参加くださいましてありがとうございました。ところで なぜ本社ケ丸の名前かその由来、まだわかりません[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

白馬岳 停滞=下山 [関東甲信越 登山]

白馬山荘 スカイプラザへ 

s-IMG_3482.jpg

11時開店とともに 味噌ラーメンをいただきました 温かさが身にしみます

s-IMG_3483.jpg

昼を過ぎてますます風雨は強まって、外出・下山はちゅうしょせざるをえず、(同系列にてお願いもしやすく)、大池小屋の宿泊をキャンセルして山荘にお世話になりことにしました

s-IMG_3484.jpg

図書コーナーもあったので、サバイヴァルの漫画などをどっぷり読んで過ごして夕食

s-IMG_3486.jpg

翌朝、もしやの晴天にもなりませんでしたが、再登頂して山頂写真再撮影

s-IMG_3502.jpg

うすまるガスのなかを小蓮華山を経てもどります

s-IMG_3503.jpg

トウヤクリンドウ うつくし

s-IMG_3505.jpg

ちょっと輝いて見えませんか?

s-IMG_3514.jpg

ダイコンソウ?の葉の紅葉って こんなに紅いんだか

s-IMG_3522.jpg

イワギキョウ

s-IMG_3534.jpg

雄大な稜線

s-IMG_3547.jpg

雪倉岳 再見

s-IMG_3553.jpg

今回、大池の火口の風景が、自分にははまりました

s-IMG_3562.jpg

神秘的です

s-IMG_3560.jpg

草もみじと紅葉

s-IMG_3563.jpg

こちらは雨飾山と焼山、かっこいいです

s-IMG_3567.jpg

大池小屋にもどりました 快く、寝床に置いていてデポ荷物をとっていてくださいました

s-IMG_3582.jpg

さて乗鞍岳を越えて

s-IMG_3589.jpg

大岩帯を下りて

s-IMG_3590.jpg

天狗原に戻りました

s-IMG_3599.jpg

ほっと一息

s-IMG_3601.jpg

ほぼ一日の降雨で水っぽくなってましたが

s-IMG_3604.jpg

さいごまでおケガのないように注意して下りれました

s-IMG_3610.jpg

モンベル会員割引で 栂池自然園入園もできたのですが、今回はパス、栂池にて解散となりました

s-IMG_3614.jpg

お別れはあわただしくなってしまいましたが、私は八方に移動してバスに乗り込んで中央道を帰りました。夏の雲もおしまいでしょうか。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

白馬岳 栂池=大池コース [関東甲信越 登山]

ご希望が多く、数年に1度の割合でけっこう登っている白馬岳。槍ヶ岳を越えてしまったかもしれません、、、

s-IMG_3298.jpg

翌日長野駅8:10集合、いろいろ経路を考えましたが、前日深夜に長野に入ってみることに 

s-IMG_3300.jpg

こんな宿を見つけたからです 土曜日に空いていたからいいけど、、、ラッキーなことに静かでした。

s-IMG_3303.jpg

下のミーティングルームではフリードリンクだし寛げます

s-IMG_3308.jpg

白馬・栂池高原へ 白馬岳が見えてきました

s-IMG_3309.jpg

三山。ただ今回これらが見えたのはこれが最後でしたー

s-IMG_3316.jpg

栂池自然園前から登り始めます オニシオガマというのだそうです!

s-IMG_3319.jpg

始めちょろちょろ

s-IMG_3321.jpg

だんだんきつく、

s-IMG_3323.jpg

とりあえず天狗原についた!

s-IMG_3324.jpg

もう一段、登りますが 天狗原はいいところです

s-IMG_3328.jpg

ナナカマド

s-IMG_3329.jpg

「何これ?」 オオシラビソ(アオモリトドマツ) ここでも樹氷ができるのかしら

s-IMG_3333.jpg

風吹大池(蓮華温泉)分岐

s-IMG_3339.jpg

フウロが残っていた

s-IMG_3340.jpg

2つめの登りにかかります 大勢の下山の方々とすれちがいs-IMG_3341.jpg

雪渓のてまえ 大岩が続いて小柄な方には つらいところs-IMG_3348.jpg

乗鞍岳にのっかった

s-IMG_3354.jpg

小蓮華山のほうによく見えます

s-IMG_3357.jpg

赤い屋根のきれいな大池山荘に着きます。草もみじも始まっていてきれいだなあ。

s-IMG_3371.jpg

たっぷりカツカレー 写してませんが、朝ごはんもよかったですよ

s-IMG_3384.jpg

さて、日帰りのつもりで荷物をデポさせていただいて早朝出発。明け方の雨もm上がっていました。

s-IMG_3390.jpg

青海黒姫山かしら

s-IMG_3391.jpg

八ヶ岳のほうは明るいです。

s-IMG_3393.jpg

雪倉岳のほうも明るくなってきました

s-IMG_3396.jpg

明るい陽射しが。でもあやしい雲。

s-IMG_3411.jpg

朝日岳も見えてきました。

s-IMG_3415.jpg

9月1日、このあたりはもう紅い。

s-IMG_3434.jpg

紅い紅い

s-IMG_3419.jpg

トウヤクリンドウ イワギキョウ

s-IMG_3421.jpg

小蓮華山へ雄大な尾根

s-IMG_3430.jpg

振り返ってよし 二重稜線ですね

s-IMG_3437.jpg

オヤマソバ(タデ)

s-IMG_3443.jpg

たくさん下りていきます

s-IMG_3456.jpg

登りは何人か前後しますがあまり多くないでしょうか

s-IMG_3458.jpg

花崗岩 白ざれが現れてきました

s-IMG_3459.jpg

雲が低くなってきたと思ったら

s-IMG_3466.jpg

ガスに巻かれそうです

s-IMG_3471.jpg

そして三国境からは 右(西)から すごい横風

s-IMG_3476.jpg

雨こそ降りませんでしたが、上部はロープで繋ぎ合って、左の断崖に流されないように、、登頂!

s-IMG_3477.jpg

難関突破 やはりきびしい山でした

s-IMG_3480.jpg

帰りはどうしよう、きびすを返して帰る選択もあったかもしれませんが、とりあえず小屋へ避難!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大岳山-馬頭刈尾根 [関東甲信越 登山]

武蔵御岳山へ ご本山・木曽御嶽登頂から2日後 そういうふうに日程を考えたのだったかな。

s-IMG_3070.jpg

軍畑でお送りしてから、奇跡的に青梅から1日1便のケーブル下へのバスに乗車(しかも御嶽駅でロッカーの荷物を回収)。ケーブル、午後の便は空き空き

s-IMG_3078.jpg

レンゲショウマはまずまずみごろに

s-IMG_3083.jpg

かわいいなあ 四国の黄色いのも見に行きたいなあ(昨年11月に下見)

s-IMG_3085.jpg

今日は宿坊に前泊

s-IMG_3088.jpg

こちら駒鳥山荘です いまや外国人のお客さんが多いそうです

s-IMG_3089.jpg

きれいなお部屋に いいフトン さっそく井出さんと瓶ビール

s-IMG_3092.jpg

黒沼さんをお迎えして 1830から美味しい夕食。宴会・送別会がありますよとのことでしたが、静かな夜でした。

s-IMG_3094.jpg

朝は神社の儀式を拝見、ご祈祷(500円)

s-IMG_3095.jpg

新しい漆で塗り変えられていました 以前来たときはまだそうでなかった

s-IMG_3096.jpg

さわやかな朝です 真夏にぜいたくなことです

s-IMG_3098.jpg

朝日が反射 鎌倉時代は鎌倉を向いていましたが、江戸時代に江戸に向きを変えられたということです

s-IMG_3106.jpg

それでは出発 天狗の腰掛杉 奥之院の入り口

s-IMG_3111.jpg

馬頭刈尾根を長く歩く予定でいましたが、暑そうなので標高の高い上部(奥之院 男具那オグナ峰=鍋割山)を歩くことにしました。

s-IMG_3115.jpg

大岳山が見えました(手前が鍋割山)

s-IMG_3116.jpg

前回は雷で引き返しました。いい道です。

s-IMG_3120.jpg

シロヤシオもいいそうです。

s-IMG_3122.jpg

惚れました。

s-IMG_3124.jpg

メインルートが合わさってきて クサリ場の難所 冬はこわそうです

s-IMG_3126.jpg

荒廃した大岳山荘を左に見て 山頂へ

s-IMG_3134.jpg

こちらも険しいところがあります 土曜日なので、背後から早出のグループの声が聞こえてきました。

s-IMG_3140.jpg

愛情たっぷりの抱擁 黒沼さん

s-IMG_3142.jpg

この一服がうまい 井出さん

s-IMG_3143.jpg

富士山は見えないけど 御前山 三頭山 浅間尾根 笹尾根 大菩薩など

s-IMG_3144.jpg

次々登っていらした方たちに 撮っていただきました

s-IMG_3156.jpg

山頂から急斜面を下りて馬頭刈尾根へ

s-IMG_3152.jpg

奥多摩らしい 天空の集落が見えます 時坂(とっさか)かな

s-IMG_3159.jpg

ヤマジノホトトギス ユリ科! タマガワ(ホトトギス)といいたいところですが

s-IMG_3160.jpg

ここを目指すのもいいかも 大滝(大岳鍾乳洞のほう)から上がってきた健脚そうな女性もいらっしゃいました

s-IMG_3162.jpg

大岳山を振り返る このように姿を変えるので面白いですね

s-IMG_3165.jpg

こじれましたね

s-IMG_3168.jpg

馬頭刈尾根をツヅラ岩まで歩きましたが、アップダウンが多くて、案の定 気温も上がってきたので 涼しげな天狗の滝コースに下りることにしました。

s-IMG_3172.jpg

急坂のあと、、この涼しさがほしかった!

s-IMG_3181.jpg

納涼!

s-IMG_3183.jpg

滝3つめ

s-IMG_3184.jpg

林道に出てマイクロバスに乗った白装束集団とすれちがいました 新入社員研修かしら。熱中症の心配がないのでいいかもしれません。

s-IMG_3188.jpg

ただ、滝を過ぎると、下は暑い暑い

s-IMG_3191.jpg

関東ふれあいの道でした 滝をたずねるのも面白いかもしれません

s-IMG_3192.jpg

冷たいのみもの! ぎりぎりバスを逃してしまったようですが、15分ほど歩いてちがうバスに乗れました。

s-IMG_3194.jpg

瀬音の湯に寄って汗を流しました。出て一杯飲んで出ようとすると、バーベキューを終えた方々が入場順番待ちでした。さすが夏休み最後の週末は激込みでした。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。ところで、なんで「馬頭刈」なんて こわい名前なのでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 関東甲信越 登山 ブログトップ