So-net無料ブログ作成
関東甲信越 登山 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

本社ケ丸 [関東甲信越 登山]

9月の最初の週末、八ヶ岳の予定を本社ケ丸にしてお声がけしたところ 初めての方、久しぶりの方など大勢お集りいただきました。思ったより暑くなって苦戦しました。

s-IMG_3616.jpg

大月駅から発電所までタクシー利用、940m地点歩き出し 90分ほどラクをしました

s-IMG_3617.jpg

白馬で寒い思いをしたのに まだまだ暑い暑い

s-IMG_3618.jpg

伐採地・植栽地の日向が暑かった! やっと日陰に入りました。s-IMG_3622.jpg

600mの急登です 

s-IMG_3624.jpg

清八峠にて一息 富士山見えてます さらに尾根道を小一時間

s-IMG_3629.jpg

岩場がありました もっと楽しいのでしょうがけっこう暑い・・・

2019 honjyagamaru.jpg

清八山方面 まだ緑が濃いです

s-IMG_3632.jpg

さらなる岩場で一息 後方に御坂黒岳

s-IMG_3634.jpg

おっと 右から甲斐駒から鳳凰・白峰三山と南アルプスのお出ましです

s-IMG_3639.jpg

フーフー

s-IMG_3640.jpg

八ヶ岳や中アルプスもだったかな

s-IMG_3646.jpg

お昼に登頂、お弁当にしました 山中で お2人ほどすれ違いましたが、山頂は私たちだけでした

s-IMG_3643.jpg

井出さんの おいしいいっぷく

s-IMG_3647.jpg

周遊も考えましたが よもやの暑さにご体調重視で 大事をとって往路をもどります

s-IMG_3650.jpg

行きには気がつかなかった 草木が目に入りました これはミヤマホツツジ カールがかわいい?

s-IMG_3653.jpg

こもれるような岩穴

s-IMG_3659.jpg

右の三角山は 昨年おとずれた釈迦ケ岳ですね

s-IMG_3660.jpg

三つ峠山 岩場

s-IMG_3663.jpg

ブナ林なのです 黄葉もきれいそうです

s-IMG_3661.jpg

名前が地味なのかしら 本社ケ丸なんて オジャガマルみたいな響きです

s-IMG_3666.jpg

岩場や展望がアクセントの、いい山でした

s-IMG_3668.jpg

でも笹子駅からの往復や 周回だときついですね

s-IMG_3669.jpg

笹子川対岸の、滝子山など 紅葉がよさそうですよ

s-IMG_3670.jpg

林道に出ました! おつかれさまでした。

s-IMG_3671.jpg

小さい沢が流れていて、ひんやりした水の冷たさに癒されました。午後は少し涼しい風が吹きましたが、日中はハプニング的な暑さで、私は翌日もみょうな疲労感が残りました。久しぶりの方々は(岩場の登り降りのせいかな)筋肉痛だったようですね。ご参加くださいましてありがとうございました。ところで なぜ本社ケ丸の名前かその由来、まだわかりません[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

白馬岳 停滞=下山 [関東甲信越 登山]

白馬山荘 スカイプラザへ 

s-IMG_3482.jpg

11時開店とともに 味噌ラーメンをいただきました 温かさが身にしみます

s-IMG_3483.jpg

昼を過ぎてますます風雨は強まって、外出・下山はちゅうしょせざるをえず、(同系列にてお願いもしやすく)、大池小屋の宿泊をキャンセルして山荘にお世話になりことにしました

s-IMG_3484.jpg

図書コーナーもあったので、サバイヴァルの漫画などをどっぷり読んで過ごして夕食

s-IMG_3486.jpg

翌朝、もしやの晴天にもなりませんでしたが、再登頂して山頂写真再撮影

s-IMG_3502.jpg

うすまるガスのなかを小蓮華山を経てもどります

s-IMG_3503.jpg

トウヤクリンドウ うつくし

s-IMG_3505.jpg

ちょっと輝いて見えませんか?

s-IMG_3514.jpg

ダイコンソウ?の葉の紅葉って こんなに紅いんだか

s-IMG_3522.jpg

イワギキョウ

s-IMG_3534.jpg

雄大な稜線

s-IMG_3547.jpg

雪倉岳 再見

s-IMG_3553.jpg

今回、大池の火口の風景が、自分にははまりました

s-IMG_3562.jpg

神秘的です

s-IMG_3560.jpg

草もみじと紅葉

s-IMG_3563.jpg

こちらは雨飾山と焼山、かっこいいです

s-IMG_3567.jpg

大池小屋にもどりました 快く、寝床に置いていてデポ荷物をとっていてくださいました

s-IMG_3582.jpg

さて乗鞍岳を越えて

s-IMG_3589.jpg

大岩帯を下りて

s-IMG_3590.jpg

天狗原に戻りました

s-IMG_3599.jpg

ほっと一息

s-IMG_3601.jpg

ほぼ一日の降雨で水っぽくなってましたが

s-IMG_3604.jpg

さいごまでおケガのないように注意して下りれました

s-IMG_3610.jpg

モンベル会員割引で 栂池自然園入園もできたのですが、今回はパス、栂池にて解散となりました

s-IMG_3614.jpg

お別れはあわただしくなってしまいましたが、私は八方に移動してバスに乗り込んで中央道を帰りました。夏の雲もおしまいでしょうか。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

白馬岳 栂池=大池コース [関東甲信越 登山]

ご希望が多く、数年に1度の割合でけっこう登っている白馬岳。槍ヶ岳を越えてしまったかもしれません、、、

s-IMG_3298.jpg

翌日長野駅8:10集合、いろいろ経路を考えましたが、前日深夜に長野に入ってみることに 

s-IMG_3300.jpg

こんな宿を見つけたからです 土曜日に空いていたからいいけど、、、ラッキーなことに静かでした。

s-IMG_3303.jpg

下のミーティングルームではフリードリンクだし寛げます

s-IMG_3308.jpg

白馬・栂池高原へ 白馬岳が見えてきました

s-IMG_3309.jpg

三山。ただ今回これらが見えたのはこれが最後でしたー

s-IMG_3316.jpg

栂池自然園前から登り始めます オニシオガマというのだそうです!

s-IMG_3319.jpg

始めちょろちょろ

s-IMG_3321.jpg

だんだんきつく、

s-IMG_3323.jpg

とりあえず天狗原についた!

s-IMG_3324.jpg

もう一段、登りますが 天狗原はいいところです

s-IMG_3328.jpg

ナナカマド

s-IMG_3329.jpg

「何これ?」 オオシラビソ(アオモリトドマツ) ここでも樹氷ができるのかしら

s-IMG_3333.jpg

風吹大池(蓮華温泉)分岐

s-IMG_3339.jpg

フウロが残っていた

s-IMG_3340.jpg

2つめの登りにかかります 大勢の下山の方々とすれちがいs-IMG_3341.jpg

雪渓のてまえ 大岩が続いて小柄な方には つらいところs-IMG_3348.jpg

乗鞍岳にのっかった

s-IMG_3354.jpg

小蓮華山のほうによく見えます

s-IMG_3357.jpg

赤い屋根のきれいな大池山荘に着きます。草もみじも始まっていてきれいだなあ。

s-IMG_3371.jpg

たっぷりカツカレー 写してませんが、朝ごはんもよかったですよ

s-IMG_3384.jpg

さて、日帰りのつもりで荷物をデポさせていただいて早朝出発。明け方の雨もm上がっていました。

s-IMG_3390.jpg

青海黒姫山かしら

s-IMG_3391.jpg

八ヶ岳のほうは明るいです。

s-IMG_3393.jpg

雪倉岳のほうも明るくなってきました

s-IMG_3396.jpg

明るい陽射しが。でもあやしい雲。

s-IMG_3411.jpg

朝日岳も見えてきました。

s-IMG_3415.jpg

9月1日、このあたりはもう紅い。

s-IMG_3434.jpg

紅い紅い

s-IMG_3419.jpg

トウヤクリンドウ イワギキョウ

s-IMG_3421.jpg

小蓮華山へ雄大な尾根

s-IMG_3430.jpg

振り返ってよし 二重稜線ですね

s-IMG_3437.jpg

オヤマソバ(タデ)

s-IMG_3443.jpg

たくさん下りていきます

s-IMG_3456.jpg

登りは何人か前後しますがあまり多くないでしょうか

s-IMG_3458.jpg

花崗岩 白ざれが現れてきました

s-IMG_3459.jpg

雲が低くなってきたと思ったら

s-IMG_3466.jpg

ガスに巻かれそうです

s-IMG_3471.jpg

そして三国境からは 右(西)から すごい横風

s-IMG_3476.jpg

雨こそ降りませんでしたが、上部はロープで繋ぎ合って、左の断崖に流されないように、、登頂!

s-IMG_3477.jpg

難関突破 やはりきびしい山でした

s-IMG_3480.jpg

帰りはどうしよう、きびすを返して帰る選択もあったかもしれませんが、とりあえず小屋へ避難!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大岳山-馬頭刈尾根 [関東甲信越 登山]

武蔵御岳山へ ご本山・木曽御嶽登頂から2日後 そういうふうに日程を考えたのだったかな。

s-IMG_3070.jpg

軍畑でお送りしてから、奇跡的に青梅から1日1便のケーブル下へのバスに乗車(しかも御嶽駅でロッカーの荷物を回収)。ケーブル、午後の便は空き空き

s-IMG_3078.jpg

レンゲショウマはまずまずみごろに

s-IMG_3083.jpg

かわいいなあ 四国の黄色いのも見に行きたいなあ(昨年11月に下見)

s-IMG_3085.jpg

今日は宿坊に前泊

s-IMG_3088.jpg

こちら駒鳥山荘です いまや外国人のお客さんが多いそうです

s-IMG_3089.jpg

きれいなお部屋に いいフトン さっそく井出さんと瓶ビール

s-IMG_3092.jpg

黒沼さんをお迎えして 1830から美味しい夕食。宴会・送別会がありますよとのことでしたが、静かな夜でした。

s-IMG_3094.jpg

朝は神社の儀式を拝見、ご祈祷(500円)

s-IMG_3095.jpg

新しい漆で塗り変えられていました 以前来たときはまだそうでなかった

s-IMG_3096.jpg

さわやかな朝です 真夏にぜいたくなことです

s-IMG_3098.jpg

朝日が反射 鎌倉時代は鎌倉を向いていましたが、江戸時代に江戸に向きを変えられたということです

s-IMG_3106.jpg

それでは出発 天狗の腰掛杉 奥之院の入り口

s-IMG_3111.jpg

馬頭刈尾根を長く歩く予定でいましたが、暑そうなので標高の高い上部(奥之院 男具那オグナ峰=鍋割山)を歩くことにしました。

s-IMG_3115.jpg

大岳山が見えました(手前が鍋割山)

s-IMG_3116.jpg

前回は雷で引き返しました。いい道です。

s-IMG_3120.jpg

シロヤシオもいいそうです。

s-IMG_3122.jpg

惚れました。

s-IMG_3124.jpg

メインルートが合わさってきて クサリ場の難所 冬はこわそうです

s-IMG_3126.jpg

荒廃した大岳山荘を左に見て 山頂へ

s-IMG_3134.jpg

こちらも険しいところがあります 土曜日なので、背後から早出のグループの声が聞こえてきました。

s-IMG_3140.jpg

愛情たっぷりの抱擁 黒沼さん

s-IMG_3142.jpg

この一服がうまい 井出さん

s-IMG_3143.jpg

富士山は見えないけど 御前山 三頭山 浅間尾根 笹尾根 大菩薩など

s-IMG_3144.jpg

次々登っていらした方たちに 撮っていただきました

s-IMG_3156.jpg

山頂から急斜面を下りて馬頭刈尾根へ

s-IMG_3152.jpg

奥多摩らしい 天空の集落が見えます 時坂(とっさか)かな

s-IMG_3159.jpg

ヤマジノホトトギス ユリ科! タマガワ(ホトトギス)といいたいところですが

s-IMG_3160.jpg

ここを目指すのもいいかも 大滝(大岳鍾乳洞のほう)から上がってきた健脚そうな女性もいらっしゃいました

s-IMG_3162.jpg

大岳山を振り返る このように姿を変えるので面白いですね

s-IMG_3165.jpg

こじれましたね

s-IMG_3168.jpg

馬頭刈尾根をツヅラ岩まで歩きましたが、アップダウンが多くて、案の定 気温も上がってきたので 涼しげな天狗の滝コースに下りることにしました。

s-IMG_3172.jpg

急坂のあと、、この涼しさがほしかった!

s-IMG_3181.jpg

納涼!

s-IMG_3183.jpg

滝3つめ

s-IMG_3184.jpg

林道に出てマイクロバスに乗った白装束集団とすれちがいました 新入社員研修かしら。熱中症の心配がないのでいいかもしれません。

s-IMG_3188.jpg

ただ、滝を過ぎると、下は暑い暑い

s-IMG_3191.jpg

関東ふれあいの道でした 滝をたずねるのも面白いかもしれません

s-IMG_3192.jpg

冷たいのみもの! ぎりぎりバスを逃してしまったようですが、15分ほど歩いてちがうバスに乗れました。

s-IMG_3194.jpg

瀬音の湯に寄って汗を流しました。出て一杯飲んで出ようとすると、バーベキューを終えた方々が入場順番待ちでした。さすが夏休み最後の週末は激込みでした。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。ところで、なんで「馬頭刈」なんて こわい名前なのでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

木曽御嶽② 登頂-下山 [関東甲信越 登山]


s-IMG_2926.jpg

翌朝、ガスの中、ヘルメット着用して山頂へ。

s-IMG_2931.jpg

あと1000m。こころぼそい感じでしたが、同宿で3カ月も滞在されている工事関係者の方々が通勤されていきました。

s-IMG_2933.jpg

様相が一変して、噴火跡が生生しくなってきました

s-IMG_2935.jpg

そのときに降って来たであろう岩石の数々、硫黄を含む灰(これが捜索を困難にした灰泥か)。

s-IMG_2942.jpg

まあ、ひとたまりもないですね。合掌。

s-IMG_2937.jpg

今はシェルターが建てられています。つかのまの安全地帯です。

s-IMG_2950.jpg

よくぞご無事で。お宮の方々が復興に勤しんでいらっしゃいました。

s-IMG_2947 2.jpg

皆さん、登頂おめでとうございます。廣瀬さんは飛騨頂上で100名山を達成されていましたが、こちらで「本登頂」を果たされました。植野さんは3000m峰登り納め!?

s-IMG_2952.jpg

新しい階段と、ひんまがったままの手すり。

s-IMG_2956.jpg

それでは下山にかかります。

s-IMG_2958.jpg

このあたり、下りではわき道を通りました。

s-IMG_2962.jpg

きびしい表情の石仏。


s-IMG_2965.jpg

金剛堂まで下りました。ガスがはれてきました。

s-IMG_2967.jpg

傷跡深くも、信仰の篤さを感じる山でした。

s-IMG_2969.jpg

森林地帯にもどります。

s-IMG_2970.jpg

女人堂通過。たくさんの登山者と行き会い始めました。この早い時間だと日帰りされるようです。

s-IMG_2972.jpg

今さらながら、噴火時のザックを使った頭の防御。ゴーグル・ライト・マスク!!

s-IMG_2976.jpg

行場を通るともうすぐ。

s-IMG_2977.jpg

行場山荘

s-IMG_2978.jpg

覚明社

s-IMG_2980.jpg

中で一息つかせていただきました

s-IMG_2982.jpg

こんどはいただきたい ちからもち

s-IMG_2986.jpg

やっぱり便利 ロープウェイ 田ノ原=王滝ルートはまだ不通ですから しばらくこちらがメインルートになりそうです。

s-IMG_2988.jpg

木曽福島まで いっきに下りて昼食 おなかが空いたー

s-IMG_2989.jpg

けっこう混んでいまして、やっといただけた美味しいお蕎麦。塩尻に出てちょうど上諏訪乗り換えの中央線あずさ接続列車にお乗りいただきました。わたしは 諏訪ワインの一升瓶を買いだして意気揚々と帰りました(3日くらいで空けてしまったかな)。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

木曽御嶽① 黒沢口=二ノ池  [関東甲信越 登山]

木曽御嶽 噴火翌年2015年以来の登山。

s-IMG_2813.jpg

塩尻から一走り、ロープウェイ飯森高原駅。信州側から登るのはさらに久しぶりです

s-IMG_2815.jpg

多数の注意書き 貴重な山頂へのルート

s-IMG_2833.jpg

小雨の中を上へ上へ 森林限界


s-IMG_2836.jpg

女人堂 屋根の下で休ませていただきます。ありがたい。三ノ池からここに下りてきたことがありますが、現在は崩落で通行止めでした。周遊ができないことになります。

s-IMG_2840.jpg

霊神さま。独特の信仰の発展を遂げています。

s-IMG_2845.jpg

少し荒れ始めているようです。致し方ありません。

s-IMG_2855.jpg

最初に登山したころは白装束の方々がたくさんいらして、登山者は肩身の狭いようなかんじでした。

s-IMG_2856.jpg

覚明開祖に切り開かれ、老若男女がご先祖をたずねて歩いた歴史ある道で、歩きやすいのです。

s-IMG_2859.jpg

石室山荘でこの日いちばんの強雨を過ごさせていただいて再出発。酸素がうすくなってきたかも 赤い字が ま新しい

s-IMG_2862.jpg

霊神さまたちにお見守りいただきます

s-IMG_2864.jpg

ところどころにある 感謝の鐘を鳴らしながら

s-IMG_2867.jpg

覚明堂は荒廃し始めていて あたりも景色は荒々しいです

s-IMG_2870.jpg

真新しい二ノ池山荘へ。着いた! 

s-IMG_2875.jpg

ありがたい屋内でくつろいでいると、いつしかガスが晴れてきました。外出チャンス!

s-IMG_2877.jpg

あら、皆さんはおくつろぎ中。

s-IMG_2882.jpg
小屋横の小川をわたって、

s-IMG_2884.jpg

うれしい景色を眺めながら、

s-IMG_2885.jpg

新館(二ノ池ヒュッテ)に遊びに行きます。目の前は摩利支天峰です(三ノ池や五ノ池山荘はその先にあるので 今回は見えませんでした...)

s-IMG_2890.jpg

小屋番さんも外の景色を眺めに出ていらしていたので しばらくおしゃべりして(懐かしい)中も見せていただきました。名水コーヒーをいただいたことがあります。お風呂に入れるのでいつも目指していましたが、いつも田の原から到達できずませんでした。噴火で二ノ池がうまってしまったので、真水がなくなってお風呂もコーヒーも昔の話になってしまいました。。。

s-IMG_2888.jpg

改装が進んだ中で、噴火の記憶をとどめる この部屋だけ残されています。上の屋根をぶちぬいて下の岩が降ってきたのです。その時さいわい、人は居なかったそうです。

s-IMG_2897.jpg

山荘にもどって おいしい食事をいただきました。

s-IMG_2898.jpg

夕方、夕焼けを期待して外出 すごい横風

s-IMG_2910.jpg

黒部五郎ー乗鞍-槍穂 

s-IMG_2912.jpg

中央アルプス(木曽駒ー宝剣)、後ろに南アルプス けっこう見えました

s-IMG_2915.jpg

いちばんきれいだった 白山

s-IMG_2917.jpg

こごえて来たので帰ります さすが2900m

s-IMG_2919.jpg

やけてきました

s-IMG_2923.jpg

あー、いちばんきれいな時間のものが ボケてしまった[あせあせ(飛び散る汗)] 目に焼き付けたはずです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

晩夏の霧ヶ峰 [関東甲信越 登山]

霧ヶ峰、この時期はもう何度も行っているはずですが、また新たなうれしい発見や出会いが!

s-IMG_2646.jpg

晩夏-初秋の花に期待

s-IMG_2645.jpg

あずさ1号、上諏訪から一投足。八島湿原です。

s-IMG_2661 2.jpg

ワレモコウ、マツムシソウ・ヤナギランなどがお迎え。

s-IMG_2666.jpg

ぐうぜん出会った下諏訪町の案内人の方が、先に立ってくださいました

s-IMG_2676.jpg

細かいことがらをよく教えてくださいました

s-IMG_2681.jpg

今日はこれがすばらしいと紹介してくださったのが こちら

s-IMG_2683.jpg

アサマフウロの群生です!

s-IMG_2684.jpg

濃くてきれい

s-IMG_2693.jpg

フウロは、ゲンノショウコの親戚だそうです

s-IMG_2709.jpg

あやしい雲がやってきて少しパラパラしました

s-IMG_2720.jpg

カサをささずに物見石でランチできそうです

s-IMG_2722 2.jpg

お盆明けで人も少なくていいハイキングです にっこにこ

s-IMG_2725.jpg

物見石

s-IMG_2727.jpg

ウメバチソウ

s-IMG_2730.jpg

マツムシソウ

s-IMG_2735.jpg

蝶々深山 ちょうちょうみやま

s-IMG_2738.jpg

V字に折れて沢渡に向かいます

s-IMG_2751.jpg

蝶々深山の山腹を歩くと名のとおり蝶多数。アサギマダラが乱舞していました。

s-IMG_2753.jpg

この花のおかげのようです ヨツバシオガマ。

s-IMG_2756.jpg

蝶だからヒラヒラとしていて、うまく映せませんが、留まっているところをパチリ

s-IMG_2755.jpg

気がつけば皆さんも

s-IMG_2759.jpg

遠くから渡ってくるのです 一度ではなさそう、、、何度行ったり来たりするのでしょうか?

s-IMG_2763.jpg

自然にすっかりなじんでいらっしゃる 元証券ウーマンの女性が迎えてくれます

s-IMG_2764.jpg

ぜったいに宣伝していない(いなかった)山中のカフェに寄ります

s-IMG_2766.jpg

この大自然ですから最近口コミで広がっています 会員のタカスさんはすでに常連でいらっしゃいました

s-IMG_2771.jpg

外のテーブルを貸し切り、優雅に過ごさせていただきます。

s-IMG_2775.jpg

名水コーヒーに手焼きクッキー+ 濃厚チョコレートケーキ+新鮮高原野菜

s-IMG_2776.jpg

帰れなくなるので おいとまします フシグロセンノウ

s-IMG_2778.jpg

八島に戻るのに けっこうまだ歩きます

s-IMG_2782.jpg

先ずは 御射ケ池へ




s-IMG_2792.jpg

シシウド

s-IMG_2794.jpg

ボクチ

s-IMG_2801.jpg

予定していた あずさに少しの差で間に合いませんでした(今年から 予定の指定を逃すとあとがめんどくさい) でも降られずによかったですね。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

私がレンタカーを返して上諏訪に戻るころは夕立が降り出しました(写真の高島城ではまたもや遊べなかった・・・


s-IMG_2802.jpg

夜はどしゃぶりの中、木曽御嶽へごいっしょする方々と、諏訪のマイグルメ はつしまの洋食を食べに行きました 驚くことに、この雨でも毎晩の花火が上がりました。

s-IMG_2808.jpg

私のホテルでは諏訪太鼓が鳴っていました。外国人の方々が熱心に見ていらっしゃいました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

立山三山② 雄山-浄土山 [関東甲信越 登山]

期待の夕焼けショー

s-IMG_2076.jpg

息を切らせて真砂岳へ

s-IMG_2083.jpg

白馬岳-鹿島槍の後立山も染まってきました

s-IMG_2086.jpg

どんどん落ちてきて撮影がいそがしい

s-IMG_2113.jpg

富山湾のむこうにとうとう落日しました

s-IMG_2126.jpg

小屋に戻ります 夜は北斗七星が大きく正面に出てすばらしかったそうです

s-IMG_2143.jpg

翌朝、朝焼けショー。富士山-南アが見えます

s-IMG_2178.jpg

鹿島槍の肩から日の出

s-IMG_2194.jpg

富士の折立が染まり

s-IMG_2200.jpg

別山も染まりました

s-IMG_2217.jpg

朝食をいただいて さあ出発

s-IMG_2234.jpg

富士の折立の急登

s-IMG_2235.jpg

そういえば、今回はずっと涼しく歩けました。街の猛暑を考えたらありがたいことでした。

s-IMG_2236.jpg

室堂・大日岳方面 陰影がいいですね


s-IMG_2238.jpg

剣岳 振り返り

s-IMG_2240.jpg

山稜に上がりました

s-IMG_2241.jpg

大汝山へ一投足

s-IMG_2243.jpg

雪塊 槍ヶ岳と前穂も見えますね

s-IMG_2258.jpg

小鳥がいるなと思ったら 雷鳥も朝の散歩

s-IMG_2270.jpg

いつも寄っているんです ネパール色濃いテイスト

s-IMG_2265.jpg

鷲田さんとは3杯目の名水コーヒー

s-IMG_2274.jpg

大汝山頂へ 空身でアタック!

s-IMG_2279.jpg

登頂!

s-IMG_2272.jpg

剣岳、来し方を振り返ります

s-IMG_2282.jpg

黒部湖の青い湖面も見えますね

s-IMG_2285.jpg

昨夜10時に噴火して 警戒レベル3にもどった 浅間山(左)、右は四阿山

s-IMG_2292.jpg

にぎやかな雄山に到着

s-IMG_2298.jpg

斜面ぎわのベンチでまたゆっくりしました

s-IMG_2308.jpg

一ノ越に下ります 今は登り下りのルートがマーカーではっきり分かれていて助かります。この時期この時間、大勢の学生さんも登ってくるからです。

s-IMG_2314.jpg

(写ってないけど)学生さんもほとんどが ヘルメット着用になりました。

s-IMG_2319.jpg

浄土山に登り返し

s-IMG_2326.jpg

こんどは雄山がせりあがる

s-IMG_2336.jpg

浄土山登頂で、立山三山完歩となりましたが、もう一つおまけ

s-IMG_2338.jpg

龍王岳にも上がりました

s-IMG_2341.jpg

私たちが登ると、それに気が付いたか、続々とほかの登山者が続いてきました。

s-IMG_2343.jpg

左から槍-穂高岳ー野口五郎岳。西穂も見えているかもしれません。

s-IMG_2345.jpg

次に行きたい 五色ケ原。左奥に雲ノ平も見えていますね。

s-IMG_2353.jpg

前々日に登ったルートをこんどは下ります。

s-IMG_2355.jpg

ヨツバシオガマ

s-IMG_2357.jpg

シナノキンバイ?

s-IMG_2364.jpg

室堂に下りて、富山駅に急ぐことに

s-IMG_2374.jpg

車窓より さようなら剣岳、ありがとう立山

s-IMG_2385.jpg

これが食べたかった! 富山駅構内の富山湾づくしセット 立山駅で40分ほど待たされましたが、15時台の新幹線で18時過ぎに東京駅着。そのむかしは23時の池袋駅行きのバスに乗るのにだらだら過ごしましたが、ほんとうに早くなりました。もっと皆さん、いらっしゃらないかなあ。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

立山三山① 別山-真砂岳 [関東甲信越 登山]

室堂・雷鳥荘に前泊集合。①雷鳥坂から剣御前・別山を経て内蔵助山荘宿泊 ②3000m稜線を大汝山・雄山・室堂へ

s-IMG_1807.jpg

初日朝(弥陀ヶ原からは3日目)、初めて朝焼けを見れました。

s-IMG_1815.jpg

モーニングコーヒーをいただいて出発しましょう

s-IMG_1823.jpg

やはり雷鳥坂から行こうか

s-IMG_1827.jpg

大日岳方面

s-IMG_1843.jpg

立山-一ノ越、明日にかけて ぐるりと周回します

s-IMG_1845.jpg

コバイケイソウ

s-IMG_1849.jpg

数十年ぶり?の立山に、初登山!の ヒロ子さん

s-IMG_1858.jpg

剣御前小屋に到着 剣岳が大きい!

s-IMG_1870.jpg

剣沢も見えます まだテントは多くなさそうです

s-IMG_1863.jpg

八ツ峰。別山北峰まで行って大休止して剣岳の展望を満喫しました。

s-IMG_1876.jpg

下山後、山岳ガイドの知り合いに頼みながら来年行きましょうという話がとんとんと進みました。

s-IMG_1892.jpg

来年もいい天気になるといいですね。剣御前に行ってもよかったのだけど

s-IMG_1919.jpg

祠のある南峰は混んできました 北峰に行ったらいいのにと思いましたが

s-IMG_1925.jpg

皆、それほどゆっくりできません 12時前だけどガスが取り巻いてきたからです

s-IMG_1932.jpg

イワギキョウ

s-IMG_1941.jpg

急いでいたわけでないのですが、12時に内蔵助小屋に着いてしまいました!

s-IMG_1949.jpg

13時過ぎに猛烈な雨が降ってきて2時間くらい降り続きました(よかった!) その後、虹の絶景が現れました。

s-IMG_1951.jpg

二重ですね 谷や雲より、ひょっとして小尾根よりも手前にかかっています

s-IMG_1967.jpg

やはり町では見られないでしょうね

s-IMG_1963.jpg

剣沢の向こうに、後立山も白馬岳までよく見えてきました

s-IMG_1966.jpg

とてもラッキー

s-IMG_1970.jpg

先日行った唐松岳と、五竜岳

s-IMG_1974.jpg

鷲田さん バンザイ

s-IMG_1979.jpg

赤沢-針ノ木、蓮華岳

s-IMG_1981.jpg

小屋のおじさんのススメもあって、内蔵助氷河に行ってみることに。

s-IMG_1986.jpg

そういえば山荘は2011年改装のあと(自分が来たのもそのころか)

s-IMG_1989.jpg

傾いてしまったので、4年前に建て替えをしたのだとか このような極地ですごいことです


s-IMG_1996.jpg

ハクサンイチゲの群落

s-IMG_1998.jpg

この時期にこの急斜面にたくさん残雪が残るのはめずらしいそうです

s-IMG_2003.jpg

氷河上、五竜=鹿島槍

s-IMG_2010.jpg

セルフタイマー

s-IMG_2019.jpg

ここは黒部ダムや真砂沢ロッジに通じる登山道がついているところ(現在は通行見合わせ中)で、後方には以前の小屋の石積みも残っていました。

s-IMG_2022.jpg

明日登る、富士の折立を背に、小屋にもどります。

s-IMG_2027.jpg

針ノ木岳や、蓮華岳があざやかです うっすら虹も残っていますね

s-IMG_2032.jpg

ちょっと引いてみました 右に見えるのは餓鬼岳のようです。

s-IMG_2037.jpg

17時だったか、夕飯に戻りました。おいしいアジフライと天ぷら。野菜もうれしいですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

立山 弥陀ヶ原 [関東甲信越 登山]

富山駅集合、思ったより暑い! バスで弥陀ヶ原へ、室堂・雷鳥荘・泊、②日目は浄土山へトレッキング

s-IMG_1503.jpg

富山には東京から2時間 9:30着、

s-IMG_1508.jpg

それでもそれからなんだかんだで、現地12時過ぎ歩き出し

s-IMG_1505.jpg

こちらの外回りコースへ

s-IMG_1523.jpg

ガキの田 ガキは餓鬼

s-IMG_1525.jpg

称名川を対岸は同じく大日平

s-IMG_1526.jpg

白いタテヤマリンドウ! 今回も室堂から上では見なかった気がしますが、本来は白のほうが多いのだそうです

s-IMG_1532.jpg

白と黄のニガナ

s-IMG_1533.jpg

秋もよさそうです

s-IMG_1534.jpg

雨でなくてよかった

s-IMG_1535.jpg

オオシラビソ 青森ではトドマツ くりくりとした実

s-IMG_1537.jpg

少々のキスゲ

s-IMG_1542.jpg

ひとまとまりして咲いていました

s-IMG_1558.jpg

スコールが来ましたが14時台のバスで室堂へ 雪の大谷の片りん

s-IMG_1561.jpg

室堂は降り始め

s-IMG_1566.jpg

晴れていれば見える景色

s-IMG_1573.jpg

地獄谷のガス多し

s-IMG_1574.jpg

雷の音におびやかされながら 少雨のなか宿へ

s-IMG_1587.jpg

雷鳥平の天幕 お風呂に入りに登っていらっしゃる方もいました

s-IMG_1590.jpg

雨が上がったので散歩してみました。

s-IMG_1616.jpg

翌朝、これはいい天気!

s-IMG_1624.jpg

雄山方面

s-IMG_1628.jpg

別山方面

s-IMG_1640.jpg

今回はこちらの浄土山を目指します (ヨツバシオガマ)

s-IMG_1652.jpg

奥大日岳から大日岳

s-IMG_1653.jpg

残雪が豊富ですね(コバイケイソウ)

s-IMG_1656.jpg

チングルマ

s-IMG_1661.jpg

雷鳥荘や池など 箱庭のような景観がいいですね

s-IMG_1670.jpg

室堂山の展望台が整備されていますが、立山カルデラがよく見えます(奥には薬師 黒部五郎 笠)

s-IMG_1675.jpg

ここからが急坂です

s-IMG_1676.jpg

クルマユリ

s-IMG_1678.jpg

下山者もいてすれ違いもきつい急坂があります

s-IMG_1683.jpg

草地にだと ミヤマリンドウなのかしら

s-IMG_1687.jpg

剣岳がよく見えてきました

s-IMG_1688.jpg

手前には立山の大きな山容

s-IMG_1702.jpg

ほんとうに お浄土のイメージですね その昔の参拝は、今は廃湯になった(カルデラ内の)立山温泉からだそうですから、どのようにこの辺りを通り過ぎたのでしょうか。

s-IMG_1704.jpg

一の越を雷殿方面に道が下りています。

s-IMG_1713.jpg

立山をバックにパちり

s-IMG_1716.jpg

剣 縦アングル

s-IMG_1728.jpg

タカネツメクサ

s-IMG_1735.jpg

イワツメクサもあり 「なにが どう違うかな?」

s-IMG_1736.jpg

東、蓮華岳方面

s-IMG_1745.jpg

一の越に下りてきました

s-IMG_1747.jpg

お昼に、カップラーメンやアイスをいただきました

s-IMG_1775.jpg

整備された道を室堂へ下ります こんなにいい天気なのに、南側から積乱雲が上がってきて雷鳴も少し聞こえてきました

s-IMG_1776.jpg

開山伝説の地、玉殿岩屋にも 岩屋の前からは立山のすばらしい眺めあり

s-IMG_1783.jpg

モミジカラマツ

s-IMG_1793.jpg

室堂の立山ホテル「りんどう「」さんで冷たいものを。思っていたより喉が渇いていたのか、一気に飲み干して、水もたくさん飲みました。予定どおり、15時ごろのバスにお乗りいただきました(19時ごろに帰京予定)。天気に恵まれましたね。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | 次の10件 関東甲信越 登山 ブログトップ