So-net無料ブログ作成
全国(東北 北海道 関西 九州) ブログトップ
前の10件 | -

奄美大島 追記 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

皆さんを空港にお送りして一人残って、気ままにぶらぶらと巡りました。

s-IMG_3932.jpg

アマンディ(奄美岳?)という天孫降臨のようなところへ。写真はアマミコ シニレクのイメージ?

s-IMG_3609.jpg

奄美一のガジュマロだそうです

s-IMG_3613.jpg

照井のたこ焼きを買っていって食べました

s-IMG_3620.jpg

宿を探さなくては

s-IMG_3623.jpg

赤尾木湾、隕石落下のクレーターといわれています

s-IMG_3629.jpg

「波音」さん こんなお宿に泊めさせてもらいました 釣りの方が多いようです

s-IMG_3632.jpg

目の前が海

s-IMG_3636.jpg

疲れが出て夕寝してしまい、雨も降ってきたので夜はファストフードにでもと思っていたら、島とうふや さんというところがあったので一投足。いい食事ができました。 

s-IMG_3638.jpg

宿は素泊まりなので近くの量販店で朝ご飯購入。と、暖房コーナーが充実。2月だとやはり寒いのでしょうね。

s-IMG_3644.jpg

翌朝かな。終日雨の予報もあがってきたようだから 重い腰をあげます

s-IMG_3657.jpg

奄美自然観察の森 南洲住居の裏山で、1日目に時間あれば来たかった所ですが、、、

s-IMG_3664.jpg

ルリカケスたくさんいました。

s-IMG_3676.jpg

近くに寄れたりして感激。でも世界遺産に向かって駐車場工事なども進めているようす。

s-IMG_3691.jpg

今後が心配です。この日もツアーグループが着いたような気配はあったけど、

s-IMG_3692.jpg

なるべく会わないように、声がしないようなところへ一人でぶらぶらできました

s-IMG_3695.jpg

風が強いドラゴン砦へ。

s-IMG_3698.jpg

奄美大島の龍郷 ほんの一部分ですけど

s-IMG_3708.jpg

奥行きある自然を味わえました

s-IMG_3709.jpg

何度も来てみたい魅力がありました

s-IMG_3719.jpg

アカゲラのドラムをしばし注目

s-IMG_3726.jpg

すごい木

s-IMG_3732.jpg

安木屋場のソテツ群落

s-IMG_3736.jpg

一面ですよ

s-IMG_3738.jpg

陽がさしてきて海も青に

s-IMG_3740.jpg

奄美にも教会が

s-IMG_3743.jpg

ソテツと 新緑?

s-IMG_3750.jpg

サクラの時期だそうです

s-IMG_3761.jpg

名瀬に出て 博物館で補修 唐との交易 越中薬と昆布、、、へえー

s-IMG_3765.jpg

ユタ神さまだったか

s-IMG_3771.jpg

たしか一番早い本土復帰、、、って占領されていたのか

s-IMG_3772.jpg

大島は大きかった。。。とくに南の方にまだまだ未知へ出かけられそうです

s-IMG_3787.jpg

落ち着く家屋

s-IMG_3790.jpg

ハイビスカス

s-IMG_3794.jpg

そういえば那覇や石垣のような市場がないなあと思ってダウンタンで探していると 区画整理やらで だいぶ廃れてしまったのだそうです。

s-IMG_3800.jpg

最後に、街を見下ろす おがみ山に登ってみました

s-IMG_3815.jpg

急な階段だけど みるみる眼下に

s-IMG_3820.jpg

見れば 小さい港町です 大島の大きさと対照的

s-IMG_3827.jpg

小学校のほうへ下りて和菓子屋さんでお菓子を買って、なんとか間に合いそうだったので それいゆふぁーむのヤギ乳ソフトを食せて空港に出ました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奄美大島② 瀬戸内 大島紬 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

2日目 午後の後半は瀬戸内へ

s-IMG_3389.jpg

養殖の地、それも有名な近大の養殖地だそうです。

s-IMG_3393.jpg

タンカンが旬の時期ですごい


s-IMG_3397.jpg

酒販会社など、しばらく界隈を散歩してみました。島唄で有名な浅崎さんなど歌い手の方々もこのあたりにお住まいでいらっしゃるようです。

s-IMG_3405.jpg

名瀬にもどってきました

s-IMG_3406.jpg

町のスーパーでおみやげになるものを見ました 皆さんはタンカンをたくさん買われました

s-IMG_3408.jpg

夕食は漁師居酒屋「脇田丸」さんへ 手前 赤ウルメ

s-IMG_3412.jpg

見取り図つきの船盛 これはお買い得 たくさんの人でにぎわっていました

s-IMG_3421.jpg

最終日、田中一村さんの居所あとへ

s-IMG_3425.jpg

群馬県ご出身 早くから南画の名家とされたものの 奄美に魅せられて時給450円の仕事をしながら絵を描かれたとのこと

s-IMG_3435.jpg

大島紬村 おそらく奄美にいらした観光の すべての方が集まるようなところ

s-IMG_3453.jpg

泥染めなど 本当かしらと思うような 複雑、手のかかった行程を経て生産されます

s-IMG_3462.jpg

ふーーっというかんじでした。

s-IMG_3463.jpg

近くのハートロックへ パイナップル?

s-IMG_3475.jpg

海岸までジャングルをぬけるかんじがステキです

s-IMG_3473.jpg

緑が濃いですね

s-IMG_3478.jpg

満潮時間につき見れず、、、

s-IMG_3500.jpg

それでは歴史的なところへ 薗家住宅主屋・庭園

s-IMG_3501.jpg

西郷どんにも出ていたようです

s-IMG_3503.jpg

古家や庭のすばらしい雰囲気

s-IMG_3504.jpg

お祭りではたくさんの近郷の方々が集まって踊ったりしたそうです

s-IMG_3505.jpg

むかしの奄美にタイムスリップできます。

s-IMG_3508.jpg

ハブがこわくて かなか山に入れなかったから

s-IMG_3512.jpg

ここは歩きまわるのにとてもよかったです

s-IMG_3519.jpg

自然と住居のマッチング

s-IMG_3525.jpg

サクラツツジ!? ガジュマル

s-IMG_3526.jpg

駐車場との行き来も楽しい道

s-IMG_3534.jpg

サクラと新緑

s-IMG_3536.jpg

南国の空気をたくさん吸って歩いて なにかすっきり

s-IMG_3541.jpg

ランチは奄美ソウルフードの鶏飯

s-IMG_3558.jpg

奄美パークに新設された 記念美術館

s-IMG_3574.jpg

パークの楽しい人形 このようにして奄美大島をダイジェストしながら勉強できます

s-IMG_3576.jpg

空港の近くだし便利、遺産登録が着々と進んでいますね。

s-IMG_3578.jpg

展望所にのぼって周りを見渡せます。

s-IMG_3582.jpg

空港にお送りして解散しました。預かり宅配便というのがあって、空港で荷物を預けながら 羽田からご自宅へ荷物をそのまま送れるそうです。タンカンやおみやげいっぱいのお荷物をお送りできました。

s-IMG_30932.jpg

今回もご参加くださいましてありがとうございました。私は1日居残り復習してまいります(予報は雨天でしたが)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奄美大島① 北へ南へ [全国(東北 北海道 関西 九州)]

奄美大島へ。海青く、マングローブ林のカヌー体験も楽し。旬のタンカンが大好評。早くも再訪したい感じです。

s-IMG_3116.jpg

空港から近く、土盛海岸 暖かく、海も蒼い

s-IMG_3114.jpg

奇っ怪な

s-IMG_3133.jpg

あやまる岬へ 今のところ外国人もほとんどいないかんじ

s-IMG_3159.jpg

カンヒサクラ。この時期なんだそうです

s-IMG_3150.jpg

西郷南洲流謫跡 西郷隆盛(従道?)直筆の書に目を凝らします

s-IMG_3152.jpg

母上様

s-IMG_3162.jpg

遅い時間なのにご案内してくださいました 愛かなさんのご子孫と思われる矜持ある方でした

s-IMG_3167.jpg

龍郷の 龍さんでしょうか

s-IMG_3146.jpg
近くの墓地 お顔のあるのが独特
s-IMG_3172.jpg
名瀬のホテルに入って、夕食は民謡居酒屋さんへ
s-IMG_3182.jpg
吟亭さんです 右の三線奏者は 本日、中学生デビューでいらっしゃるとか
s-IMG_3100.jpg
私も太鼓を打たせもらいました このあと輪になって踊りました 
s-IMG_3202.jpg
翌日です 世界自然遺産対象にもなっている 金作原(ばる)へ
s-IMG_3206.jpg
奥地には地元ガイドさんがいないと入れないようでしたが 
s-IMG_3210.jpg
側道を歩いて雰囲気は楽しみました
s-IMG_3216.jpg
せっかく山奥に入りましたが、通り抜けは難しそうで、海岸沿いにもどって
s-IMG_3233.jpg
大和まほろば館というところで すももソフトクリームも楽しみました
s-IMG_3234.jpg
サクラ 桜 さくら
s-IMG_3242.jpg
海がきれいだなあ
s-IMG_3250.jpg
これからも美しくあってほしいです
s-IMG_3260.jpg
さてまた山奥へ
s-IMG_3262.jpg
マテリヤの滝
s-IMG_3271.jpg
このあたりに大島の南北をむすぶ古道が通じていて 昔から知られている滝なのだそうです
s-IMG_3286.jpg
さらに走らせて 湯湾岳の近く
s-IMG_3289.jpg
展望台は改装中(世界遺産登録前で工事が多い!?)
s-IMG_3288.jpg
湯湾岳には、大勢の若い消防署員さんたちが(麓から歩いてきてさらに山頂へ)大汗をかいて登って行かれました。
s-IMG_3290.jpg
宇検方面、すばらしい緑の濃さです。
s-IMG_3294.jpg
さて住用にランチをいただきに。「ハナハナ茶屋」という個性的なカフェでお昼をいただきました。
s-IMG_3295.jpg
奄美古民家のうっとりするお庭
s-IMG_3299.jpg
午後一にお待ちかねカヌー体験
s-IMG_3304.jpg
雨が降ったりやんだりでどうしようかとも思いましたが、タモリさんに励まされて
s-IMG_3307.jpg
いざ出陣
s-IMG_3319.jpg
行きは流れに乗って順調でした 行きは
s-IMG_3332.jpg
西表島に次いで日本2の大きさというマングローブ林。他のグループさんもいらしてました
s-IMG_3328.jpg
ガイドさん、ありがとうございます
s-IMG_3335.jpg
オヒルギ メヒルギ 茶屋の展望席
s-IMG_3341.jpg
いいぞいいぞ
s-IMG_3359.jpg
私たちは2人乗り。大岩は回避しなくてはなりません が、流れに逆らう帰りは舟をうまくコントロールできません!
s-IMG_3360.jpg
最後はガイドさん各船をつないで曳航してもらいました 楽ちん楽しいちん!s-IMG_3377.jpg
まぁこんな感じで 終わりました 加計呂麻島にも行ってみたいな
s-IMG_3383.jpg
こちらは。 しょどんの 文化遺産候補。(②に続く)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

六甲山③ 有馬温泉・摩耶山-新神戸  [全国(東北 北海道 関西 九州)]

3日目は有馬温泉散策あと、ロープウェイで六甲山上をハイキング、摩耶山-新神戸で締めました。

s-IMG_0382.jpg

宿が温泉街の上の方にあったので、空身でぶらぶら、温泉街へ朝の散歩をしに行きました。

s-IMG_0381.jpg
源泉の一つ 御所泉源

s-IMG_0390.jpg

有馬川にかから橋のたもとに、寧々さんの像

s-IMG_0401.jpg

宿に荷物を受け取りに帰り、そのままロープウェイ駅へ。乗車!

s-IMG_0411.jpg

この車両、まもなく退役するのだとか(ニュースにもなっていました)。

s-IMG_0415.jpg

六甲高山植物園辺りから

s-IMG_0419.jpg

ガイドハウスまで歩きました(一昨日は定休日だったので 今回入館)

s-IMG_0420.jpg

加藤文太郎のみち、へえーー

s-IMG_0428.jpg

掬星台までバス移動して

s-IMG_0429.jpg

摩耶ビューテラス702にてランチ

s-IMG_0431.jpg

ブックカフェ? 進んでる~ 関東でいうと 高尾山+鎌倉+筑波山のようなテイストでしょうか

s-IMG_0435.jpg

布引-新神戸駅へ いちばん最後がいちばん大変だったりして

s-IMG_0441.jpg

曇天ですが、終盤に、すばらしい紅葉に巡り合えました。

s-IMG_0449.jpg

s-IMG_0452.jpg

「いいんじゃない?」

s-IMG_0455.jpg

s-IMG_0456.jpg

s-IMG_0460.jpg

関東のより力強い印象でした

s-IMG_0471.jpg

s-IMG_0475.jpg

s-IMG_0484.jpg

s-IMG_0497.jpg

s-IMG_0502.jpg

貯水池のほうに下りて

s-IMG_0507.jpg

ジオも魅力的 

s-IMG_0512.jpg

かずら橋

s-IMG_0521.jpg

布引滝の勇姿 帰京する新幹線に乗り込む新神戸駅にあと一投足で、その近さにも感動しました。

s-IMG_0529.jpg

神戸牛を食べたい有志の方たちと、居残りで新神戸駅を探しましたがなかなかいいところがなく、結局タクシーで三ノ宮駅前まで出て、「ステーキランド」というとろでいただきました(めでたしめでたし)。


今回のような3日間で、出入り自由で流れ集合、流れ解散方式、いかがだったでしょう(交通が便利な地でのみ有効でしょうけど)。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

六甲山② ロックガーデン-有馬温泉 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

名コースの呼び声高いロックガーデンコースから最高点を経て、魚屋道を有馬温泉まで下りました。

s-IMG_0242.jpg

JR芦屋駅から

s-IMG_0246.jpg

芦屋のお屋敷街は、ベンツ車がとても多い印象でした

s-IMG_0252.jpg

月曜日の滝の茶屋 けっこうハイカーがお集まりでした

s-IMG_0256.jpg

私たちも入山へ身支度します

s-IMG_0266.jpg

はなから、おおっ、の急坂

s-IMG_0269.jpg

早々にクライマックスでしょうか 

s-IMG_0277.jpg

両側の谷筋へのバリエーションは危険なようです

s-IMG_0291.jpg

ふーっ 風吹岩へ到着

s-IMG_0293.jpg

神戸港方面や六甲連山への展望いいです 

s-IMG_0297.jpg

「あんなところまで行くのかしら」

s-IMG_0298.jpg

ちょっとネコちゃん、臭いました

s-IMG_0311.jpg

日帰りだとそろそろ引き返すようですが、さらに奥山へ

s-IMG_0317.jpg

中ほどが長くてきつい

s-IMG_0320.jpg

紅葉のいいところも通過中

s-IMG_0326.jpg

峠みちのようになってきました

s-IMG_0328.jpg

一軒茶屋に着いた!

s-IMG_0331.jpg

うれしいものです 14:45閉店というびみょうな時間

s-IMG_0334.jpg

最高峰を往復しました 連山は長い=遠いですね

s-IMG_0341.jpg

北側有馬温泉の先、丹後方面もまだまだ遠大です

s-IMG_0344.jpg

そろそろ出ないと、

s-IMG_0346.jpg

味わい深い魚屋道です 

s-IMG_0357.jpg

途中省略にて有馬稲荷神社へ下山。ほっとしたあまり私はストックを置き忘れてきてしまったようです。

s-IMG_0371.jpg

かんぽの宿に泊まりました。こちらの「金泉の湯」はブラタモリにも出演した有馬温泉の第一人者の湯守りさんのお湯ですっかり疲れを癒されました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

六甲山① 森林植物園-ルミナリエ [全国(東北 北海道 関西 九州)]

初日は車を借りてやおしゃれカフェ・森林公園などをめぐって、夜は南京町からルミナリエ散策。s-IMG_0030.jpg

新幹線車窓から伊吹山 手ごわそうです

s-IMG_0033.jpg

楽々?神戸(三ノ宮)に9時についてしまうんだよなあ

s-IMG_0040.jpg

なんか気のせいか(天気 土地)、紅葉がきれいに感じました

s-IMG_0043.jpg

生田神社にお参りして 今回のごあいさつをします

s-IMG_0046.jpg

ジャイナ教寺院 コーヒーやジャズ、ワインも?発祥の地らしいし エキゾチックです

s-IMG_0053.jpg

いちおう風見鶏へ この辺りで 旅行中の両親と待ち合わせたことがあります

s-IMG_0091.jpg

皆さんと新神戸駅にて合流して 六甲山ガーデンテラスへ。日本一古いゴルフ場を通り過ぎて お昼どき、

s-IMG_0094.jpg

マダムたちの楽しそうな声にさそわれて? THIRD PLACEというおしゃれなカフェでランチをいただきました。

s-IMG_0099.jpg

もうだいぶ前に、全山縦走というのをサブガイドをやらせていただいたことがあります 今回はゆっくり歩かせていただきます。

s-IMG_0112.jpg

ガイドハウス前、変わったオブジェと思ったら 大木をくり抜いたものでした

s-IMG_0116.jpg

六甲山牧場 QBBチーズ館へ。冬だけど、このチーズソフトは絶品でした!

s-IMG_0122.jpg

森林植物園へ 

s-IMG_0123.jpg

来るのがおそい時間になってしまいましたがゴールデンタイムでした

s-IMG_0130.jpg

人が少ないのが信じられない

s-IMG_0144.jpg

同時期の鎌倉や高尾山だったらすごい人でしょう

s-IMG_0146.jpg

(おヒマな)人が少ないのかしら

s-IMG_0148.jpg

一周大回りは長いけど

s-IMG_0155.jpg

よさそうなところを小回りしてきました

s-IMG_0163.jpg

s-IMG_0172.jpg

市内に戻りました 一休みして 夜の部へ

s-IMG_0180.jpg

南京街 昌園さんでで食事 美味しそうな海老春巻き

s-IMG_0182.jpg

酢豚 紹興酒でいただきました。

s-IMG_0183.jpg

満腹満腹 それにしても南京街はにぎやかになったような気がします

s-IMG_0196.jpg

さてこの時期のお目当て ルミナリエへ

s-IMG_0197.jpg

こちらもすばらしい!

s-IMG_0207.jpg

スムーズに見れました

s-IMG_0229.jpg

震災追悼のためのイベントですが、クライマックスも寺院のようですね

s-IMG_0235.jpg

海外遠征をサポートしてくださる、神戸本社・セントラルツアーズの井上さんから直前にお聞きした、市役所展望台にも登って見れました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

隠岐諸島③ 島後 西郷  [全国(東北 北海道 関西 九州)]

最終日は島後に戻って天皇家ゆかりの古社とジオのお勉強へ

s-IMG_8747.jpg

モダンな菱浦港から朝の船で西郷に戻ります。最近、こちらにある島前高校が全国から優秀な生徒さんを集めて有名なのだそうです(後日 NHKの「逆転」の番組でも取り上げられていました)

s-IMG_8754.jpg

船は本土の七類(境港方面)へ。T丸さんは鳥取に行かれるということでそのまま向かわれました。

s-IMG_8766.jpg

自然館 イシナギ!?

s-IMG_8770.jpg

職員の方がとてもていねいに説明してくださって 滞在中の私たちの疑問に答えてくださいました ほんとうにすばらしい

s-IMG_8778.jpg

おすすめくださったので

s-IMG_8782.jpg

おすすめくださったので?

s-IMG_8791.jpg

さて、今日の散歩は八尾川を上へ

s-IMG_8796.jpg

風待ち港として栄えたそうです

s-IMG_8811.jpg

玉若酢命神社のりっぱな注連縄

s-IMG_8815.jpg

隠岐造り?

s-IMG_8820.jpg

旧拝殿?

s-IMG_8826.jpg

圧巻の八百杉

s-IMG_8827.jpg

樹齢1000年? 比丘尼伝説に関係があったか、、、

s-IMG_8828.jpg

億岐家宝物館も外観を見に行き 港に戻ります

s-IMG_8841.jpg

さてこれは偶然見つけた マグマが入り込んだ岩石(の石垣!)

s-IMG_8844.jpg

この風情がいい

s-IMG_8845.jpg

港まで帰って食事にしましょう

s-IMG_8850.jpg

あー、幸せな海鮮丼

s-IMG_8853.jpg

いいけど、持ち帰れないなあ 

s-IMG_8858.jpg

おみやげは さざえカレーやレモンでした

s-IMG_8863.jpg

隠岐を離れます 神々しい

s-IMG_8869.jpg

帰りは伊丹空港経由でした 淀川など展望が楽しかった! あとから聞いてほっとしたのですが、風や天気で船や飛行機に影響することも少なくないのだそうです。

s-IMG_8871.jpg

乗換え売店スペースは、もう大阪の活気そのもの。大阪=羽田も大型機で、すでに離島が恋しくなりました。船旅-海の幸も満喫できました。、、、おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

隠岐諸島② 島前  [全国(東北 北海道 関西 九州)]

隠岐2日目、西ノ島へ

s-IMG_8483.jpg

西郷の夜明け

s-IMG_8485.jpg

海のもやがかかっていました 港を行き来する船

s-IMG_8504.jpg

出航のころには快晴

s-IMG_8511.jpg

昨日登った大満寺山(島後)が遠ざかります カルデラに囲まれているというわけです

s-IMG_8516.jpg

目玉のおやじと ねずみ男 登場 島根だなー

s-IMG_8522.jpg

西ノ島 別府港 別府というからには もう一つの首都か 

s-IMG_8525.jpg

後醍醐天皇のいらした黒木御所

s-IMG_8528.jpg

頼んだタクシーの社長さんが流ちょうにお話ししてくださいました 800年くらい前の話ががぜん最近のことの用に聞こえました

s-IMG_8535.jpg

外海と内海がきわどくせまった(340m)細い船引運河を渡って移動 お迎えの段取りも丁寧に説明してくださいました。

s-IMG_8546.jpg

隠岐でここは外せない 国賀海岸!

s-IMG_8555.jpg

すばらしい天気にも恵まれました

s-IMG_8568.jpg

全国のブランド牛となるのだそうです

s-IMG_8560.jpg

海ぎわの断崖を望んで歩けます

s-IMG_8584.jpg

摩天崖 時間よ止まれというような 楽しい時間でした

s-IMG_8593.jpg

通天橋

s-IMG_8588.jpg

ハイチーズ

s-IMG_8598.jpg

257mの高さをなだらかに下りていきます

s-IMG_8619.jpg

最高!

s-IMG_8621.jpg

待ち合わせの駐車場に 少し登り返しますs-IMG_8630.jpg

誰にも会わずに ぜいたくなトレッキングでした

s-IMG_8636.jpg

ながと というカフェでおいしいランチをいただけました 

s-IMG_8637.jpg

さようなら西ノ島 

s-IMG_8640.jpg

あとで知りましたが女優の田中美佐子さんのご出身地とのことです なにか感じがわかるような気がします

s-IMG_8644.jpg

海士町に渡尻ました こちらの宿に荷物をおかせていただいて歩きに出ました

s-IMG_8653.jpg

後鳥羽 行在所のあった 隠岐神社です

s-IMG_8654.jpg

御崩御800年後の1939年に造営されたのだそうです

s-IMG_8661.jpg

火葬塚 いま ある筋から問い合わせがあるのだそうです

s-IMG_8666.jpg

バスがすぐくるので 資料館は見れませんでしたが あの朱の手形が入った書状のレプリカがありました

s-IMG_8673.jpg

さて、金光寺山にやってきました。我ながら渋いチョイスです。

s-IMG_8679.jpg

山内88カ所

s-IMG_8683.jpg

小野篁(小町の祖父)ゆかりの金光寺山へ。

s-IMG_8687.jpg

"わたの原 八十島かけてこぎいでぬと 人にはつげよ あまのつり舟"

s-IMG_8690.jpg

あまの釣り舟の あまが海女でなく 海士とわかった感動!

s-IMG_8693.jpg

1年で許してもらえて帰れたそうですが。。 修行の地らしく お不動さん

s-IMG_8698.jpg

明屋海岸へ

s-IMG_8703.jpg

戻るときに乗るバスの始発 バス停を確認

s-IMG_8717.jpg

溶岩のしぶきが赤岩になった、、、火山だったということです

s-IMG_8722.jpg

波打ち際を行くと ♡が見えるんです!

s-IMG_8743.jpg

4代続く島宿にて 新鮮な刺身 貝 鍋もの

s-IMG_8744.jpg

珍味 馳走をいただきました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

隠岐諸島① 島後  [全国(東北 北海道 関西 九州)]

隠岐行 早朝の飛行機を乗り継いで朝9時半に島後に上陸。s-IMG_8332.jpg

出雲空港で乗り継ぎ 早朝便につき わたしや数人は 羽田空港近く前泊

s-IMG_8336.jpg

きれい ウェルカムレインボー

s-IMG_8339.jpg

後醍醐天皇の在所だった 国分寺

s-IMG_8340.jpg

明治の廃仏毀釈によって廃絶したあとの再建だそうです

s-IMG_8343.jpg

形のいい山に目が行きます

s-IMG_8344.jpg

菊と桐花紋

s-IMG_8353.jpg 

モーモードーム

s-IMG_8357.jpg

後鳥羽上皇が気に入られて牛突きがはじまったとか 調べてみたらスペインでの貴族の闘牛(行事起源?)は1080年らしいから それほど変わらない??

s-IMG_8365.jpg

さて、リクエストもあってこちら 銚子ダム・伊賀湖

s-IMG_8366.jpg

隠岐片麻岩 2億5000万年前に出来ました。この岩石は単に古いということだけでなく、
s-IMG_8373.jpg

日本列島がどのようにして出来たかを教えてくれる貴重な岩石だそうです その露頭!

s-IMG_8374.jpg

紅葉をみてランチタイム 今年は遅くなったので見られるそうです

s-IMG_8379.jpg

かぶら杉 6つの大枝 霊木ですね

s-IMG_8380.jpg

樹齢推定650とか

s-IMG_8388.jpg

浄土ケ浦にきました 風強く寒い s-IMG_8399.jpg

白波と奇岩のマッチング

s-IMG_8405.jpg

ジオパークの地らしい

s-IMG_8413.jpg

さて再び山中へ 乳房杉

s-IMG_8415.jpg

24の乳房とか 豊かですね

s-IMG_8418.jpg

さて、山も歩きに行きます

s-IMG_8426.jpg

足元がゆるいところもありましたが山頂へ

s-IMG_8423.jpg

隠岐 最高峰だったかな!

s-IMG_8424.jpg

西郷や空港方面

s-IMG_8428.jpg

海原と 人工物少ない陸地

s-IMG_8430.jpg

朝早かったから 1日が長く遊べます

s-IMG_8436.jpg

無事下山

s-IMG_8443.jpgローソクローソク島展望台

s-IMG_8444.jpg

夕陽が有名です 付近が黒曜石が出るところでした

s-IMG_8456.jpg

島を一周 水若酢神社

s-IMG_8465.jpg

郷土館も見せていただきました

s-IMG_8480.jpg

暗くなった西郷にレンタカーを返して、海ぎわのMIYABIさんというホテルにお世話になりました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山の辺の道 三輪神社 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

大台ケ原は両日好天にて予備日が浮きましたので、奈良の山の辺の道・三輪を訪れました。

s-IMG_7899.jpg

桜井駅に出てJRに乗車。駅から細い参道を。

s-IMG_7906.jpg

大和國一之宮!

s-IMG_7912.jpg

鏡女池

s-IMG_7914.jpg

狭井神社 三輪山に登ろうと思って 話ができなくなる前におしゃべりしていたのでした

s-IMG_7915.jpg

あれー[右斜め下] 当日夕方から始まる大嘗祭のために「できません」とのこと?残念

s-IMG_7916.jpg

薬井戸 御神水をいただきました

s-IMG_7917.jpg

一帯はいい雰囲気のご神域でした

s-IMG_7920.jpg

山の辺の道を歩くことにしました

s-IMG_7919.jpg
大和盆地を見下ろせる展望台へ

s-IMG_7923.jpg

御神体の三輪山

s-IMG_7924.jpg

身軽に歩きます

s-IMG_7932.jpg

久延彦神社

s-IMG_7943.jpg

貴船神社だったか

s-IMG_7944.jpg

秋の古都らしい

s-IMG_7946.jpg

空いているし

s-IMG_7951.jpg

檜原神社 元伊勢と言われ、鳥居も独特です

s-IMG_7954.jpg

水森かおりさん歌碑 いいところに立っていますね

s-IMG_7960.jpg

「大和は国のまほろば」、、、(川端康成)

s-IMG_7963.jpg

さてこの国津神社 後ろの ホケノ山古墳はホタテ型、なにやら津々とした空気感です。

s-IMG_7968.jpg

そうそう山の辺の道からは外れて 三輪に戻ろうとしています

s-IMG_7969.jpg

近くの箸塚古墳は邪馬台国の卑弥呼のものと言われています。

s-IMG_7972.jpg

大きい一の鳥居

s-IMG_7974.jpg

そうめん 森正さんへ

s-IMG_7975.jpg

おいしそう! ふりかけと乾麺と、思わず買って帰りました。

s-IMG_7978.jpg

午前中を歩いて午後は帰京へとうことで 三輪神社にて解散。そしてこの日14日は酒まつり。全国からたくさんの樽酒が届けられていました。

s-IMG_7977.jpg

お一人一杯ということで いただきます。

s-IMG_7980.jpg

私は桜井駅に荷物を預けていたので、一人で山の辺の道を逆方向へ。

s-IMG_7984.jpg

平等寺って おもしろいなあ~ 国宝の十一面観音菩薩像がいらしたらしい。。。

s-IMG_7986.jpg

奈良の代表人物

s-IMG_7990.jpg

大きな屋根とススキが合う

s-IMG_7992.jpg

金屋の石仏(ミロク谷石棺)

s-IMG_7995.jpg

高校時代も歩いたようですが、面白みがちがいます!

s-IMG_7999.jpg

交通の要所、つばき、歌垣、、、

s-IMG_8001.jpg

左いせ の道案内。この長閑な地は仏教伝来の地。この川沿いを上がって上陸したとか。お釈迦さま生誕のルンビニの地を思い出しました。

s-IMG_8005.jpg

面白そうだなあ。でも今回はほんとうに 大台ケ原と周りを見れてよかったです。

s-IMG_8010.jpg

わたしは 近鉄特急を乗り継いで 名古屋に出ました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 全国(東北 北海道 関西 九州) ブログトップ