So-net無料ブログ作成

箱根ヤブ山 [神奈川 登山]

箱根ヤブ山 11月末にいちど集合したけど雨天だったため その延期分。(清水さんにいただいた画像を載せています)

s-PC040265.jpg

一つめ小*山へは私有地につきひそひそと。2つめの台ケ岳が正面に。

s-PC040262.jpg

薄暗い林道から

s-PC040270.jpg

貯水槽のところからヤブを少々かき分けて

s-PC040273.jpg

大涌谷元気

s-PC040282.jpg

山口さんと

s-PC040284.jpg

携帯GPSと照合

s-PC040305.jpg

まだススキ多い仙石原を少し散策。

s-PC040308.jpg

途中までしか行けないのだけどよかったです。

s-PC040323.jpg

長安寺の近くの「座りや」さんでお蕎麦をいただいて、ビジターセンターで腹ごなしのお勉強

s-PC040335.jpg

これを見つけたら近寄ってはいけません

s-PC040347.jpg

2つめの台ケ岳へ こんどはちょっと長いです

s-PC040348.jpg

林道のあとのような踏み跡をたどります

s-PC040358.jpg

周りはすっかり落葉していて明るいです

s-PC040369.jpg

踏み跡がいきかっていますが、傾斜地にだけ近寄らないように道を選びます

s-PC040379.jpg

プレートがありました!それから確かにその位置にいたようですが三角点が分かりませんでした(GPSの画像が探せたら載せます)

s-PC040415.jpg

近くの大涌谷に立ち寄りました。

s-PC040417.jpg

ロープウェイは営業していて外国の方でにぎわっていました。登山鉄道の再開は気長に待たなくては。

s-PC040440.jpg

夕方まで富士山はきれいに見えていました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大野山アウトドアフェスタ [神奈川 登山]

毎年恒例のアウトドアフェスタ 今年は12月でした

s-IMG_9140.jpg

初めての前日からの準備 なぜか浅瀬のほうへ(ミツバ岳方面)

s-IMG_9141.jpg

檜洞丸~同角沢の頭

s-IMG_9146.jpg

それらを見ながら 不老山北側ルート整備(のための物資運搬)

s-IMG_9152.jpg

利用してみたいけどけっこうな急坂で、、、それと〇〇

s-IMG_9156.jpg

大野山に上がります

s-IMG_9159.jpg

すばらしい天気 ぜい次の日フェスタ当日も!と願います

s-IMG_9160.jpg

畦ケ丸~大室山 ことしは来なかったなあ

s-IMG_9161.jpg

檜洞丸~同角沢の頭 蛭ケ岳

s-IMG_9170.jpg

雪が多いですね

s-IMG_9174.jpg

共和小学校に泊まります 地元の方々との交流 ちょうどテレビで大野山の牧場について番組放映していました

s-IMG_9175.jpg

翌朝、少しガスがありましたが相模湾がきれいに光っています

s-IMG_9181.jpg

朝日の権現山

s-IMG_9185.jpg

富士山、見えてきてよかった

s-IMG_9191.jpg

けっこう早くに上がっていらっしゃる方がいます 各メーカーから、ええっという値段で売られているものもあり、

s-IMG_9192.jpg

たくさん買われていく方もいらっしゃいましたが、次から次へと店先に補充されています。

s-IMG_9200.jpg

私も帽子と靴下を買いました。人気のマムートマンモス

s-IMG_9203.jpg

おもしろい(吊るし)雲

s-IMG_9206.jpg

警察の方の救助実演などあり

s-IMG_9209.jpg

眼下の丹沢湖はまだ水の濁りがあるかな

s-IMG_9221.jpg

景品の抽選会のプレゼンターを務めさせていただきました。天気よくて いい一日になりました。次回はぜひ歩いて参加したいですね。いかがでしょう。

s-IMG_9228.jpg

まあ、こうなりますね。鶴巻温泉にて反省会・慰労会。おつかれさまでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

日向薬師-大山寺 [神奈川 登山]

日向薬師(バス停)から大山を目指しましたが、前日までの暖かさから思いのほか冷え込んで霧雨も残ってしまいましたので登頂はせず。下社や大山寺、表参道をゆっくり歩きました。大山寺前のモミジが最高でした。

s-IMG_8907.jpg

きつい登りを上がって 善五郎地蔵さんこんにちは

s-IMG_8912.jpg

見晴らし台につきましたが、天候回復おもわしくなくガスの中の山頂を見て登頂はせずに下社=表参道を歩くことにしました。がっちりガードが補強されたトラバース道

s-IMG_8916.jpg

ご神木 ほかのガイドさんらしきグループもいらっしゃいました やはり登頂断念組かな?

s-IMG_8921.jpg

この日はなんといっても 紅葉が最高の日どり 逃すまじ山の紅葉

s-IMG_8923.jpg

二重滝 パワースポットですね

s-IMG_8924.jpg

滝の上流への踏み入れ禁止 高校の時 先輩が山頂まで遡っていらっしゃいましたが今は昔

s-IMG_8926.jpg

滝 ぼけた、、、

s-IMG_8928.jpg

下社まであと少し

s-IMG_8929.jpg

雨で映(ば)えるということもありますね

s-IMG_8939.jpg

紅い!

s-IMG_8944.jpg

下社をお参り

s-IMG_8946.jpg

紅いって

s-IMG_8950.jpg

ふだんの 多少の強調が裏目かも

s-IMG_8955.jpg

平日でこの天気なので 紅葉盛りといっても落ち着いた境内でした

s-IMG_8935.jpg
うどんをいただきました 有名な暖簾、ルーメソ。キーホルダーも売っていましたよ。s-IMG_8961.jpg
それでは下山にかかります

s-IMG_8969.jpg

陛下もいらっしゃいましたよ(伊勢原駅にも そのときのルート図が)

s-IMG_8971.jpg

大山寺はご開帳 この古寺の趣が好きです

s-IMG_8973.jpg

この日のメインスポット

s-IMG_8975.jpg

童子たちも 目を細めている?

s-IMG_8978.jpg

気高そう

s-IMG_8981.jpg

これだけ空いていたのはラッキー

s-IMG_8988.jpg

ご満足いただけましたでしょうか

s-IMG_9004.jpg

疲労せずに満喫できたし この時期にここにいるというタイミングが大事です

s-IMG_9012.jpg

よかったわねえ

s-IMG_9017.jpg

大山の紅葉でした

s-IMG_9026.jpg

ところでサクラ

s-IMG_9031.jpg

表参道に入ります

s-IMG_9053.jpg

今回はバス停を通り越してさらに下へ

s-IMG_9057.jpg

お豆腐屋さんで 楽しい買い物 ご主人は暖炉で遊んでいらっしゃいましたよ なんかいいなあ (おからは ハンバーグにしておいしくいただきました) 

s-IMG_9060.jpg

良弁の滝あたり とにかく最高時期

s-IMG_9069.jpg

バス待ちに カフェーで お汁粉をいただいて柿(みかん)をお土産にして帰りました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

松田ウォーク [神奈川 ウォーク]

地元のNPOさんとのタイアップ企画は大勢さんにて昼まで忙しい行程になってしまいましたが、ビール工場レストランで食事あと美味しい試飲ビールもいただけました。

s-IMG_8877.jpg

大勢さんとのウォーク 前はおなじみのお二人

s-IMG_8878.jpg

水利施設を河岸に出ます

s-IMG_8879.jpg

川音川が酒匂川に注ぎ込みますところ 小田急線の橋梁がかっこいいんです

s-IMG_8881.jpg

創建古そう 寒田神社

s-IMG_8886.jpg

酒匂川右岸に渡って暫らく川沿いをさかのぼり

s-IMG_8887.jpg

大野山が近づいて見えます

s-IMG_8888.jpg

s-IMG_8891.jpg

s-IMG_8896.jpg

s-IMG_8897.jpg

s-IMG_8898.jpg

s-IMG_8900.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

隠岐諸島③ 島後 西郷  [全国(東北 北海道 関西 九州)]

最終日は島後に戻って天皇家ゆかりの古社とジオのお勉強へ

s-IMG_8747.jpg

モダンな菱浦港から朝の船で西郷に戻ります。最近、こちらにある島前高校が全国から優秀な生徒さんを集めて有名なのだそうです(後日 NHKの「逆転」の番組でも取り上げられていました)

s-IMG_8754.jpg

船は本土の七類(境港方面)へ。T丸さんは鳥取に行かれるということでそのまま向かわれました。

s-IMG_8766.jpg

自然館 イシナギ!?

s-IMG_8770.jpg

職員の方がとてもていねいに説明してくださって 滞在中の私たちの疑問に答えてくださいました ほんとうにすばらしい

s-IMG_8778.jpg

おすすめくださったので

s-IMG_8782.jpg

おすすめくださったので?

s-IMG_8791.jpg

さて、今日の散歩は八尾川を上へ

s-IMG_8796.jpg

風待ち港として栄えたそうです

s-IMG_8811.jpg

玉若酢命神社のりっぱな注連縄

s-IMG_8815.jpg

隠岐造り?

s-IMG_8820.jpg

旧拝殿?

s-IMG_8826.jpg

圧巻の八百杉

s-IMG_8827.jpg

樹齢1000年? 比丘尼伝説に関係があったか、、、

s-IMG_8828.jpg

億岐家宝物館も外観を見に行き 港に戻ります

s-IMG_8841.jpg

さてこれは偶然見つけた マグマが入り込んだ岩石(の石垣!)

s-IMG_8844.jpg

この風情がいい

s-IMG_8845.jpg

港まで帰って食事にしましょう

s-IMG_8850.jpg

あー、幸せな海鮮丼

s-IMG_8853.jpg

いいけど、持ち帰れないなあ 

s-IMG_8858.jpg

おみやげは さざえカレーやレモンでした

s-IMG_8863.jpg

隠岐を離れます 神々しい

s-IMG_8869.jpg

帰りは伊丹空港経由でした 淀川など展望が楽しかった! あとから聞いてほっとしたのですが、風や天気で船や飛行機に影響することも少なくないのだそうです。

s-IMG_8871.jpg

乗換え売店スペースは、もう大阪の活気そのもの。大阪=羽田も大型機で、すでに離島が恋しくなりました。船旅-海の幸も満喫できました。、、、おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

隠岐諸島② 島前  [全国(東北 北海道 関西 九州)]

隠岐2日目、西ノ島へ

s-IMG_8483.jpg

西郷の夜明け

s-IMG_8485.jpg

海のもやがかかっていました 港を行き来する船

s-IMG_8504.jpg

出航のころには快晴

s-IMG_8511.jpg

昨日登った大満寺山(島後)が遠ざかります カルデラに囲まれているというわけです

s-IMG_8516.jpg

目玉のおやじと ねずみ男 登場 島根だなー

s-IMG_8522.jpg

西ノ島 別府港 別府というからには もう一つの首都か 

s-IMG_8525.jpg

後醍醐天皇のいらした黒木御所

s-IMG_8528.jpg

頼んだタクシーの社長さんが流ちょうにお話ししてくださいました 800年くらい前の話ががぜん最近のことの用に聞こえました

s-IMG_8535.jpg

外海と内海がきわどくせまった(340m)細い船引運河を渡って移動 お迎えの段取りも丁寧に説明してくださいました。

s-IMG_8546.jpg

隠岐でここは外せない 国賀海岸!

s-IMG_8555.jpg

すばらしい天気にも恵まれました

s-IMG_8568.jpg

全国のブランド牛となるのだそうです

s-IMG_8560.jpg

海ぎわの断崖を望んで歩けます

s-IMG_8584.jpg

摩天崖 時間よ止まれというような 楽しい時間でした

s-IMG_8593.jpg

通天橋

s-IMG_8588.jpg

ハイチーズ

s-IMG_8598.jpg

257mの高さをなだらかに下りていきます

s-IMG_8619.jpg

最高!

s-IMG_8621.jpg

待ち合わせの駐車場に 少し登り返しますs-IMG_8630.jpg

誰にも会わずに ぜいたくなトレッキングでした

s-IMG_8636.jpg

ながと というカフェでおいしいランチをいただけました 

s-IMG_8637.jpg

さようなら西ノ島 

s-IMG_8640.jpg

あとで知りましたが女優の田中美佐子さんのご出身地とのことです なにか感じがわかるような気がします

s-IMG_8644.jpg

海士町に渡尻ました こちらの宿に荷物をおかせていただいて歩きに出ました

s-IMG_8653.jpg

後鳥羽 行在所のあった 隠岐神社です

s-IMG_8654.jpg

御崩御800年後の1939年に造営されたのだそうです

s-IMG_8661.jpg

火葬塚 いま ある筋から問い合わせがあるのだそうです

s-IMG_8666.jpg

バスがすぐくるので 資料館は見れませんでしたが あの朱の手形が入った書状のレプリカがありました

s-IMG_8673.jpg

さて、金光寺山にやってきました。我ながら渋いチョイスです。

s-IMG_8679.jpg

山内88カ所

s-IMG_8683.jpg

小野篁(小町の祖父)ゆかりの金光寺山へ。

s-IMG_8687.jpg

"わたの原 八十島かけてこぎいでぬと 人にはつげよ あまのつり舟"

s-IMG_8690.jpg

あまの釣り舟の あまが海女でなく 海士とわかった感動!

s-IMG_8693.jpg

1年で許してもらえて帰れたそうですが。。 修行の地らしく お不動さん

s-IMG_8698.jpg

明屋海岸へ

s-IMG_8703.jpg

戻るときに乗るバスの始発 バス停を確認

s-IMG_8717.jpg

溶岩のしぶきが赤岩になった、、、火山だったということです

s-IMG_8722.jpg

波打ち際を行くと ♡が見えるんです!

s-IMG_8743.jpg

4代続く島宿にて 新鮮な刺身 貝 鍋もの

s-IMG_8744.jpg

珍味 馳走をいただきました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

隠岐諸島① 島後  [全国(東北 北海道 関西 九州)]

隠岐行 早朝の飛行機を乗り継いで朝9時半に島後に上陸。s-IMG_8332.jpg

出雲空港で乗り継ぎ 早朝便につき わたしや数人は 羽田空港近く前泊

s-IMG_8336.jpg

きれい ウェルカムレインボー

s-IMG_8339.jpg

後醍醐天皇の在所だった 国分寺

s-IMG_8340.jpg

明治の廃仏毀釈によって廃絶したあとの再建だそうです

s-IMG_8343.jpg

形のいい山に目が行きます

s-IMG_8344.jpg

菊と桐花紋

s-IMG_8353.jpg 

モーモードーム

s-IMG_8357.jpg

後鳥羽上皇が気に入られて牛突きがはじまったとか 調べてみたらスペインでの貴族の闘牛(行事起源?)は1080年らしいから それほど変わらない??

s-IMG_8365.jpg

さて、リクエストもあってこちら 銚子ダム・伊賀湖

s-IMG_8366.jpg

隠岐片麻岩 2億5000万年前に出来ました。この岩石は単に古いということだけでなく、
s-IMG_8373.jpg

日本列島がどのようにして出来たかを教えてくれる貴重な岩石だそうです その露頭!

s-IMG_8374.jpg

紅葉をみてランチタイム 今年は遅くなったので見られるそうです

s-IMG_8379.jpg

かぶら杉 6つの大枝 霊木ですね

s-IMG_8380.jpg

樹齢推定650とか

s-IMG_8388.jpg

浄土ケ浦にきました 風強く寒い s-IMG_8399.jpg

白波と奇岩のマッチング

s-IMG_8405.jpg

ジオパークの地らしい

s-IMG_8413.jpg

さて再び山中へ 乳房杉

s-IMG_8415.jpg

24の乳房とか 豊かですね

s-IMG_8418.jpg

さて、山も歩きに行きます

s-IMG_8426.jpg

足元がゆるいところもありましたが山頂へ

s-IMG_8423.jpg

隠岐 最高峰だったかな!

s-IMG_8424.jpg

西郷や空港方面

s-IMG_8428.jpg

海原と 人工物少ない陸地

s-IMG_8430.jpg

朝早かったから 1日が長く遊べます

s-IMG_8436.jpg

無事下山

s-IMG_8443.jpgローソクローソク島展望台

s-IMG_8444.jpg

夕陽が有名です 付近が黒曜石が出るところでした

s-IMG_8456.jpg

島を一周 水若酢神社

s-IMG_8465.jpg

郷土館も見せていただきました

s-IMG_8480.jpg

暗くなった西郷にレンタカーを返して、海ぎわのMIYABIさんというホテルにお世話になりました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

寺家-三輪ウォーク [神奈川 ウォーク]

市が尾から鶴見川沿いを鴨志田を経て寺家へ。

s-IMG_8208.jpg

鶴見川、前回は源流や小机を歩きましたが

s-IMG_8211.jpg

この中流域はけっこうきれいです

s-IMG_8213.jpg

3月の神津島に行く飛行機の上からも よく見えて気になっていたのです。

s-IMG_8221.jpg

ツタの紅葉

s-IMG_8225.jpg

野焼きのけむり

s-IMG_8227.jpg

流域は「バク」の形で首のあたり?

s-IMG_8229.jpg

久しぶりに 懐かしいような川沿いの楽しい歩きです。

s-IMG_8237.jpg

といっても堤防なんですね

s-IMG_8238.jpg

川から離れて少し山に入ります

s-IMG_8256.jpg

鴨志田に抜けるのです 上の公園で一休みしてストアで買い物、公園を抜けて

s-IMG_8257.jpg

寺家ふるさと村に入って こちらの青山亭に

s-IMG_8258.jpg

地元の食事処で季節のお弁当をいただけます

s-IMG_8259.jpg

秋らしいですね

s-IMG_8269.jpg

釣人が多い熊野池から山道へ

s-IMG_8278.jpg

大池に下りて谷戸は収穫あと

s-IMG_8286.jpg

ふたたび山道へ

s-IMG_8288.jpg

尾根の手前

s-IMG_8289.jpg

横穴墓です 天井の形態が珍しいのだそうです

s-IMG_8291.jpg

北側に下りていきます

s-IMG_8294.jpg

谷戸を抜けて静かな住宅街に出ました

s-IMG_8299.jpg

妙福寺というところ 

s-IMG_8300.jpg

1786年築の鐘楼門 独特ですね

s-IMG_8303.jpg

先週訪れたばかり(奈良の三輪=みわ 初めて!)、偶然にもその奈良の人が移住した三輪へ。

s-IMG_8305.jpg

コスモスきれい 沢谷戸公園へ 沢谷城跡は入れませんでしたが、その別名は三輪城 

s-IMG_8317.jpg

鶴見川に戻って河沿いを歩きます

s-IMG_8319.jpg

小田急線の駅に出ました おつかれさまでした ご参加くださいましてありがとうございました!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

足柄-金時山 [神奈川 登山]

足柄峠の道が荒れてしまい当初の足柄峠をめぐるロングハイクから金時山へ変更。

s-IMG_8014.jpg

御殿場線はSuicaがOKになっていて安堵。松田駅では混んでいますがほとんどの人は谷峨で下りてしまわれました。

s-IMG_8016.jpg

富士山は午前中だけなんてこともありますから見れるうちに1枚撮影。

s-IMG_8017.jpg

なんと駅に送りに来た(いないはずの)タクシーを見つけたので、思わず手を上げてしまいました。

s-IMG_8020.jpg

一人数百円で だらだらの舗装路・登りをスキップ!

s-IMG_8021.jpg

けっこうな被害が伝えられていた箱根-足柄ですが、尾根筋の道なので比較的安心です。s-IMG_8025.jpg

色がついてきましたよ。

s-IMG_8029.jpg

昨年11月の明神、今年2月の金時山といい思いをさせてもらっていますが、

s-IMG_8030.jpg

この日も良さそうです。

s-IMG_8032.jpg

日曜日に、だーれも会わないし

s-IMG_8036.jpg

名コースですよ これ

s-IMG_8038.jpg

もうちょっと進んだ時期に

s-IMG_8045.jpg

また来たいですね

s-IMG_8048.jpg

ブナも出てきました

s-IMG_8052.jpg

自然林が多いようです

s-IMG_8054.jpg

伸び伸びしていますね

s-IMG_8059.jpg

頂上だけでなく 途中も楽しみ

s-IMG_8063.jpg

11月中旬 覚えておきましょう

s-IMG_8067.jpg

ごちそうさまでした

s-IMG_8072.jpg

で、足柄峠からの道を合わせたあたりで紅葉終了~

s-IMG_8074.jpg

あとは猪鼻に例えられる急坂を上がります

s-IMG_8079.jpg

御殿場ごしに、富士山の応援

s-IMG_8085.jpg

こちらはあとでなぜか見えなくなる丹沢連山 手前の草山が大野山

s-IMG_8086.jpg

来た尾根道を振り返りました

s-IMG_8097.jpg

金時山は週末で山頂はやはり混んでいてびっくり!

s-IMG_8099.jpg

大涌谷 噴煙

s-IMG_8103.jpg

けっこうきわどい端に座るような方々もいます

s-IMG_8108.jpg

私たちはちょうどベンチテーブルが空きましたので、ゆっくりお弁当をいただきました。

s-IMG_8109.jpg

いい笑顔!

s-IMG_8113.jpg

右奥に愛鷹、手前は乙女峠に連なる外輪山稜線です まだまだ通行止めの箇所があるようです

s-IMG_8115.jpg

まだまだ登ってくる方々とすれ違いながら下山へ

s-IMG_8118.jpg

金時山振り返り また明るい紅葉です

s-IMG_8121.jpg

噴煙が雲とリンクしてしまっています

s-IMG_8126.jpg

明神ケ岳が大きく見えてきました。

s-IMG_8128.jpg

リンドウがたくさん

s-IMG_8138.jpg

きれいです!固有種なのではと調べたのですが「リンドウ」でした

s-IMG_8133.jpg

やっと空いてきました

s-IMG_8142.jpg

明神ケ岳まで2時間くらいかなあ

s-IMG_8146.jpg

矢倉沢峠に着きました うぐいす茶屋はやっていないみたい、、、

s-IMG_8151.jpg

アジサイにまだ色あり

s-IMG_8159.jpg

別荘地に下りてきました 紅葉きれい 噴煙もくもく

s-IMG_8163.jpg

植栽でしょうけど きれいだなあ

s-IMG_8168.jpg

金時山を振り返る 絶対にいい季節ですよ

s-IMG_8176.jpg

仙石で、穴場のお寺にご案内

s-IMG_8180.jpg

ここもきれいですよ

s-IMG_8181.jpg

五百羅漢

s-IMG_8186.jpg

あ~

s-IMG_8196.jpg

知り合いのご実家のお肉屋さんコロッケも楽しみました。(そこにあった金時ムスメ自伝)

s-IMG_8197.jpg

小田原直通は運休中でしたので、強羅乗り継ぎで箱根湯本に出ましたが、しばらく不通となってしまっている箱根登山鉄道の駅を通りかかりました。復旧まで まだ1年以上かかりそうです(>_<)

s-IMG_8203.jpg

湯本駅に出て、新宿駅ロマンスカーは混んでいましたが、メトロ直通(北千住行き)は空席多し。皆さまはちょうどよく調子よくお席があってお帰りになりました。じつに内容の濃い金時山登山でした。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山の辺の道 三輪神社 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

大台ケ原は両日好天にて予備日が浮きましたので、奈良の山の辺の道・三輪を訪れました。

s-IMG_7899.jpg

桜井駅に出てJRに乗車。駅から細い参道を。

s-IMG_7906.jpg

大和國一之宮!

s-IMG_7912.jpg

鏡女池

s-IMG_7914.jpg

狭井神社 三輪山に登ろうと思って 話ができなくなる前におしゃべりしていたのでした

s-IMG_7915.jpg

あれー[右斜め下] 当日夕方から始まる大嘗祭のために「できません」とのこと?残念

s-IMG_7916.jpg

薬井戸 御神水をいただきました

s-IMG_7917.jpg

一帯はいい雰囲気のご神域でした

s-IMG_7920.jpg

山の辺の道を歩くことにしました

s-IMG_7919.jpg
大和盆地を見下ろせる展望台へ

s-IMG_7923.jpg

御神体の三輪山

s-IMG_7924.jpg

身軽に歩きます

s-IMG_7932.jpg

久延彦神社

s-IMG_7943.jpg

貴船神社だったか

s-IMG_7944.jpg

秋の古都らしい

s-IMG_7946.jpg

空いているし

s-IMG_7951.jpg

檜原神社 元伊勢と言われ、鳥居も独特です

s-IMG_7954.jpg

水森かおりさん歌碑 いいところに立っていますね

s-IMG_7960.jpg

「大和は国のまほろば」、、、(川端康成)

s-IMG_7963.jpg

さてこの国津神社 後ろの ホケノ山古墳はホタテ型、なにやら津々とした空気感です。

s-IMG_7968.jpg

そうそう山の辺の道からは外れて 三輪に戻ろうとしています

s-IMG_7969.jpg

近くの箸塚古墳は邪馬台国の卑弥呼のものと言われています。

s-IMG_7972.jpg

大きい一の鳥居

s-IMG_7974.jpg

そうめん 森正さんへ

s-IMG_7975.jpg

おいしそう! ふりかけと乾麺と、思わず買って帰りました。

s-IMG_7978.jpg

午前中を歩いて午後は帰京へとうことで 三輪神社にて解散。そしてこの日14日は酒まつり。全国からたくさんの樽酒が届けられていました。

s-IMG_7977.jpg

お一人一杯ということで いただきます。

s-IMG_7980.jpg

私は桜井駅に荷物を預けていたので、一人で山の辺の道を逆方向へ。

s-IMG_7984.jpg

平等寺って おもしろいなあ~ 国宝の十一面観音菩薩像がいらしたらしい。。。

s-IMG_7986.jpg

奈良の代表人物

s-IMG_7990.jpg

大きな屋根とススキが合う

s-IMG_7992.jpg

金屋の石仏(ミロク谷石棺)

s-IMG_7995.jpg

高校時代も歩いたようですが、面白みがちがいます!

s-IMG_7999.jpg

交通の要所、つばき、歌垣、、、

s-IMG_8001.jpg

左いせ の道案内。この長閑な地は仏教伝来の地。この川沿いを上がって上陸したとか。お釈迦さま生誕のルンビニの地を思い出しました。

s-IMG_8005.jpg

面白そうだなあ。でも今回はほんとうに 大台ケ原と周りを見れてよかったです。

s-IMG_8010.jpg

わたしは 近鉄特急を乗り継いで 名古屋に出ました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大台ケ原へ [全国(東北 北海道 関西 九州)]

小屋で泊まってさらに渓谷を上流へ

s-IMG_7684.jpg

s-IMG_7692.jpg

s-IMG_7706.jpg

s-IMG_7716.jpg

s-IMG_7720.jpg

s-IMG_7722.jpg

s-IMG_7733.jpg

s-IMG_7741.jpg

s-IMG_7746.jpg

s-IMG_7777.jpg

急坂を上がって晴れ上がった大台ケ原へ登りました。飛鳥の宿にて休息して予備日は奈良の山の辺の道と三輪そうめん店へ訪れました。

s-IMG_7779.jpg

まだまだ険路は続きます

s-IMG_7781.jpg

大木のコケ こんなのところに目がとまってほっといやされます

s-IMG_7795.jpg

堂倉滝に着いた

s-IMG_7801.jpg

渓谷を脱出できる~

s-IMG_7807.jpg

休んで次のステップへ

s-IMG_7808.jpg

急坂(>_<)

s-IMG_7814.jpg

紅葉が目に入ってきました

s-IMG_7815.jpg

ヒノキ?の大木

s-IMG_7821.jpg

三重県の奈良県に近い こんな最深部ですが林道がきています

s-IMG_7823.jpg

粟谷小屋は管理人の方はいらっしゃいませんでしたが 目の前のベンチで昼食

s-IMG_7833.jpg

午後の歩き出し

s-IMG_7845.jpg

深い渓谷から出てきたので 気は晴れています

s-IMG_7846.jpg

シャクナゲの木がたくさん出てきました 花の時期はまたよさそうですね

s-IMG_7852.jpg

おーいおーいと声がかかったので お応えしたらやはり 山田さんのお知り合いのT田さんでした

s-IMG_7856.jpg

ありがたや まもなく日出ケ岳山頂に。尾鷲のほうの海

s-IMG_7860.jpg

ブナの大木

s-IMG_7865.jpg

長くて足元もたいへんでしたが きれいなコースをたどって、なにかとてもうれしい登頂でした

s-IMG_7869.jpg

5月に行った大峰や葛城山などもながめて山奥を実感しました。だいぶゆっくりしましたが下山します。

s-IMG_7870.jpg

初めての方々とは 正木ケ原をまわっておりました。陽がかたむいてきましたね。T田さんに車で暗くなった飛鳥の宿に送っていただきました(超貴重なおみやげまでもちょうだいしてしまいました。ありがとうございました!)。飛鳥は ぽつねんとしたところで外食はできずに柿の葉寿司を部屋でいただきました。再度の大蛇嵓や、西大台=小処温泉をまわってみたい気もします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大杉谷-桃ノ木小屋 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

今年後半の最難ルート 名渓と知られる険谷=大杉谷へ

s-IMG_7518.jpg

名古屋や三重で合流しながら。10時半発の登山バスで登山口へ。

s-IMG_7523.jpg

入山料をお支払いして出発 事故は 原因者負担!

s-IMG_7524.jpg

いきなりの難所

s-IMG_7528.jpg

渓流はきれいだなあ

s-IMG_7537.jpg

クサリをつかみつかみ沢沿いの山道を上がっていきます

s-IMG_7548.jpg

きれいな流れ このくり返し

s-IMG_7556.jpg

間隔をあけて

s-IMG_7559.jpg

高度感はあるので慎重に

s-IMG_7569.jpg

これは! 千尋滝 休憩所があって一息ついて眺められます

s-IMG_7571.jpg

山中泊だからゆっくり落ち着いて

s-IMG_7573.jpg

雨のときは相当リスクが上積みされると思います

s-IMG_7587.jpg

進む

s-IMG_7589.jpg

きれいだけどそんなにとまっていられなくてぶれる

s-IMG_7595.jpg

危ないところです

s-IMG_7597.jpg

シシ淵からの

s-IMG_7598.jpg

ニコニコ滝

s-IMG_7601.jpg

濡れるところ

s-IMG_7603.jpg

沢登りの気分

s-IMG_7609.jpg

クサリはしっかりついてます

s-IMG_7624.jpg

加茂助吊り橋

s-IMG_7628.jpg

核心部のよう

s-IMG_7645.jpg

迫力ある 平等嵓

s-IMG_7651.jpg

ヒメシャラ?

s-IMG_7659.jpg

ゴール間近で休憩

s-IMG_7670.jpg

吊り橋のむこうに見えた 桃ノ木小屋!

s-IMG_7678.jpg

お風呂にも入れるし ボリューミーなお食事

s-IMG_7679.jpg

鷲田さんも すでに絶賛の深谷でした



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

宮ケ瀬 南山 [神奈川 登山]

台風あとでどこに行くのも慎重になっていますが こちらはだいじょうぶそうで きゅうきょお誘いしました。

s-IMG_7362.jpg

橋本駅集合、宮ケ瀬湖畔から歩き出し。

s-IMG_7363.jpg

おおっ赤いなあ

s-IMG_7369.jpg

この日は すっきりとした天気です 蛭ケ岳方面 

s-IMG_7370.jpg

姫次から この秋に訪れる予定だった焼山の高み 

s-IMG_7371.jpg

いつだか冬に下りてきたときに苦戦した登り口

s-IMG_7375.jpg

送電線くぐり 先日、高取山から下りてきたときにくぐったのと同じ高圧線のようです

s-IMG_7378.jpg

山道はよく整備されていましたが ここだけ倒れていました

s-IMG_7380.jpg

権現平に着きました

s-IMG_7381.jpg

展望地からの眺めも最高。よーく見えました。

s-IMG_7392.jpg

南山にも到着 

s-IMG_7395.jpg

急な下り

s-IMG_7396.jpg

まだまだ濁っている宮ケ瀬湖 ススキはきれい

s-IMG_7402.jpg

高取山がせりあがってきました

s-IMG_7409.jpg

あいかわ公園に入りました トイレがあってほっとします

s-IMG_7410.jpg

「森のわたり橋」

s-IMG_7413.jpg

色づき中です

s-IMG_7417.jpg

エレベーターを使ったらちょっと遠回りに

s-IMG_7425.jpg

急いで目指したのはこの放流 金曜日で

s-IMG_7428.jpg

便数が少ないので待ち時間がありますが、観光船で出発地に戻ります。

s-IMG_7430.jpg

私も乗るのは初めてでした

s-IMG_7433.jpg

爽快でした

s-IMG_7431.jpg

ナイスクルージング

s-IMG_7449.jpg

けっこうなスピード!?

s-IMG_7461.jpg

あーおもしろかった

s-IMG_7465.jpg

船はきびすを返して 宮ケ瀬へ


s-IMG_7468.jpg

夢の大橋の奥は 辺室山

s-IMG_7469.jpg

パン屋さんでお買い物して終了~。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

生麦-神奈川宿 [神奈川 ウォーク]

鶴見川ではありませんが、とうとう鶴見駅(京急)集合。

s-IMG_7252.jpg

総持寺を訪れたいところですが、後に長く歩きますので 今回は旧東海道を 生麦の魚河岸へ

s-IMG_7254.jpg

ちょっと昼どきには早すぎた 天ぷら名店


s-IMG_7260.jpg

ガランとして静かな昭和なたたずまい 戦争中に焼けなかったのでしょうか。

s-IMG_7258.jpg

イベントの時にはにぎわいそうです 特に江戸前のあなごといえばここだそうです

s-IMG_7261.jpg

堂念 お稲荷さん 新しい鳥居 杉山神社が管理しているそうです 伝統的催事は「蛇(じゃ)も蚊も」

s-IMG_7265.jpg

そして生麦といえば 生米生卵でなく

s-IMG_7270.jpg

あと、キリンビール工場があります ぜひ次回出かけてみたい

s-IMG_7274.jpg

いちど京急線に乗って神奈川新町へ移動 先日の脱線現場いたいたしく、笠䅣稲荷神社は七五三モード。

s-IMG_7278.jpg

中木戸から東海道へ復帰 金蔵院

s-IMG_7281.jpg

神奈川宿 高札場復元

s-IMG_7283.jpg

滝の川公園

s-IMG_7284.jpg

フランス領事館あとは 亀に乗っかった石碑にあるように 浦島太郎ゆかりのお寺

s-IMG_7285.jpg

帰還時すでに亡くなっていた父母の墓 太郎は箱根の山に行って玉手箱を開けます ほんとらしい!

s-IMG_7286.jpg

竜宮城から持ち帰られた観音像

s-IMG_7287.jpg

久しぶりにいらしてくだった 片山さんもご興味津々

s-IMG_7290.jpg

土橋を渡って宿の西側へ

s-IMG_7295.jpg

宮前の お宮とは

s-IMG_7296.jpg

その前にお昼、マルシェのイタリアン ボリューミーランチ

s-IMG_7298.jpg

裏の権現山へ登頂

s-IMG_7299.jpg

戦国時代には神奈河城 これから向かう高島山とは稜線でつながっていましたが 東海道線開通で間を掘られてしまったようです

s-IMG_7308.jpg

洲崎大神 なんと武内さんのご実家の鎮守様だそうです 宮前のお宮ですね

s-IMG_7309.jpg

威厳ある お社

s-IMG_7314.jpg

横浜なんて この中心街の端にあったところから、幕府が異人を遠ざけたところだったようです

s-IMG_7320.jpg

ハリスも居た、本覚寺 門は白塗りにさせられていたこともあったとか

s-IMG_7321.jpg

ランチあと、3つアップダウンが続いてお疲れ?

s-IMG_7328.jpg

さらに望欣台という眺めよいところへ 横浜港の基礎をつくった高島嘉右衛門ゆかり

s-IMG_7329.jpg

台町公園

s-IMG_7331.jpg

楽そうな丘陵をゆるやかに下りたら 有名な料亭・田中屋さんを寄らずに通過してしまった!

s-IMG_7333.jpg

台町の茶屋、、、また来ねば

s-IMG_7337.jpg

さて、沢渡中央公園を経てさらに西へ

s-IMG_7345.jpg

ランドマーク近い

s-IMG_7346.jpg

浅間神社まで来ました ご実家が近い武内さんもよく遊ばれたそうです

s-IMG_7348.jpg

名前からして富士山を見れたのでしょう。

s-IMG_7351.jpg

武内さんはお住まいが近いので歩いてお帰りに。私たちは人の多い横浜駅へ。

s-IMG_7355.jpg

改装中です。IR,ほんとうにできるのかな。

s-IMG_7357.jpg

私は少しぶらぶらして帰りました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

仏果山-高取山 [神奈川 登山]

焼山の代替に昨年も登った 仏果山-高取山。

s-IMG_7126.jpg

ただ今回は焼山の代わりなので、少し長く宮ケ瀬ダム下まで歩いて大きく周回しました。

s-IMG_7055.jpg

11月に入りましたが低標高と遅めで、紅葉はまだまだですね

s-IMG_7130.jpg

しばらく登って展望が広がりました

s-IMG_7131.jpg

ススキは開いています 送電塔の下は明るく開けます

s-IMG_7133.jpg

ヤセ尾根の急登をしばらく登ると

s-IMG_7135.jpg

登頂しました 週末だけど12時ではまだ空いているみたいです

s-IMG_7137.jpg

ランチにしましょう

s-IMG_7138.jpg

展望台に上がって 丹沢の奥山が見えます 少し紅いところがありますね

s-IMG_7140.jpg

大勢さんのご参加をありがとうございます

s-IMG_7143.jpg

高取山へ 蛭ケ岳から焼山へ長大な尾根が横たわっています

s-IMG_7148.jpg

黄葉少し

s-IMG_7153.jpg

東側にはよく開けています 東名CCですね。あちらの低山の紅葉は12月に入ってからでしょう

s-IMG_7155.jpg

台風から10日以上たっても 宮ケ瀬湖もまだ満々と水を湛えています

s-IMG_7156.jpg

左前方に三峰をしたがえた 大山

s-IMG_7157.jpg

高取山にも展望台があります 東側に展望良いです

s-IMG_7161.jpg

ホオズキ山の向こうに石老山(顕鏡寺コースが傷んでいるようです)

s-IMG_7166.jpg

宮ケ瀬湖に下ります

s-IMG_7170.jpg

夢の大橋が見えてきました 浮き橋の間を遊覧船がすり抜けていきます

s-IMG_7173.jpg

急坂を下りました 下部は台風で階段などが崩れていましたが慎重に下りて事なきをえましたs-IMG_7182.jpg

エレベーターで下りて愛川大橋へ。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。ラグビー決勝の日にて帰宅を急がれる方もいらっしゃいましたがそうはいかなかった方も。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

菊名~綱島 [神奈川 ウォーク]

図らずも、単独でですが下見も兼ねて、2日連続で横浜線-東横線で出かけました

s-IMG_7031.jpg

菊名神社をりっぱな社殿

s-IMG_7038.jpg

師岡町公園から

s-IMG_7042.jpg

幼稚園くらいの子供たちと行き交いました

s-IMG_7040.jpg

獅子ケ谷市民の森へ

s-IMG_7041.jpg

かわいい手作り看板

s-IMG_7049.jpg

たんぽぽの里 地域密着ですね

s-IMG_7052.jpg

台風後でも荒れているようすがありません

s-IMG_7055.jpg

みその公園「横溝屋敷」

s-IMG_7060.jpg

おじさんたちが写生をされていました

s-IMG_7061.jpg

おもしろい蔵 西地区のほうには行きませんでしたが、この辺りは里山の雰囲気が濃いです その先、二ノ池、三ノ池と

越えていくと 以前住んでいた鹿島田かあ

s-IMG_7067.jpg

今回は方向転換して こちらも(熊野神社)市民の森になっている杉山神社へ(そういえば杉山神社は鶴見川沿いにしかないのだとか)

s-IMG_7069.jpg

菊がお見事

s-IMG_7076.jpg

裏山へ急坂

s-IMG_7077.jpg

すぐ下は住宅街

s-IMG_7079.jpg

たくさんのサクラの木。

s-IMG_7083.jpg

お花見のときにはきれいなのでしょう。

s-IMG_7095.jpg

新川崎のほうかな 新幹線の通過音!

s-IMG_7103.jpg

大倉山で用事をして、前日通ったばかりの梅林公園を通り過ぎ、

s-IMG_7111.jpg

鶴見川沿いの自動車学校

s-IMG_7114.jpg

未踏の地 綱島へ

s-IMG_7115.jpg

対岸へ渡ります

s-IMG_7119.jpg

好ましい商店街と おいしそうなパンやさん。古墳や市民の森にも行きたかったのですが、よくばらず次回にゆずることにしました。たまには独り歩きもいいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

小机城址~新羽丘陵 [神奈川 ウォーク]

台風で激動の10月の末、横浜線駅集合にて小机城址~新羽丘陵を歩きました。

s-IMG_6929.jpg

小机駅集合でしたが 新横浜駅の勢いが伝わっていました

s-IMG_6935.jpg

さて駅から先ずは小机城址へ

s-IMG_6936.jpg

竹林から入る小山です

s-IMG_6937.jpg

台風で少し倒れていますが

s-IMG_6939.jpg

まもなく本丸広場へ

s-IMG_6942.jpg

さらに周囲をめぐります 今は茂っていますが当時は見晴らしよかったでしょう

s-IMG_6945.jpg

晴れていましたが、うすくガスっぽくて遠望はききませんでした

s-IMG_6947.jpg

鶴見川を渡って寄り道します

s-IMG_6951.jpg

ここ、神奈川県民のソールフード!? 崎陽軒です

s-IMG_6953.jpg

キャッツのしょうゆびん お弁当を購入して持ちだします

s-IMG_6960.jpg

日産スタジアムが見えてきました 手前の遊水池に先般の台風の時の大雨が導き入れられたのです

s-IMG_6966.jpg

水につかったかもしれませんが 広い芝の広場が広がります

s-IMG_6967.jpg

カワセミが飛ぶ池の前で 先ほどの弁当をいただきました

s-IMG_6968.jpg

秋バージョン

s-IMG_6970.jpg

さあ、午後も歩きますよ

s-IMG_6973.jpg

さてスタジアムの下がやはり遊水池(↑地?)になっています。この間もこの最大水位にせまったことでしょう。

s-IMG_6977.jpg

また鶴見川を渡ります。土手左の水量が多い方が導水池。右の細い線が本流です。鶴見川沿いへの浸水を食い止めたのです。

s-IMG_6980.jpg

さて太田道灌が陣を敷いたという亀甲山陣地山へ

s-IMG_6981.jpg

畑をしばらく歩いて下ります

s-IMG_6986.jpg

そしてまた、新羽丘陵地へ登り!? 

s-IMG_6987.jpg

小さな丘陵地ですが公園になっていました

s-IMG_6991.jpg

里山を越えました

s-IMG_6994.jpg

ブルーラインの新羽駅 私もこのあたりの土地には疎いです

s-IMG_6997.jpg

新羽橋にて再度 鶴見川渡河

s-IMG_6999.jpg

あまり増水した気配がないです

s-IMG_7004.jpg

大倉山公園に 梅林があります

s-IMG_7005.jpg

この季節はコスモスが

s-IMG_7008.jpg

陽がかたむいてきたような光線です

s-IMG_7010.jpg

あずまやで休みたいようなかんじですが先を急ぎます

s-IMG_7016.jpg

この時期に咲くというシャクナゲ

s-IMG_7018.jpg

東洋大学ゆかりの大倉山記念館 ゆっくり訪れたいようなところですが

s-IMG_7023.jpg

今回はけっこう歩いたあとでしたので 珈琲をいただくのみでした 様子を見に受付に入ると、なんと会員の西川さんがいらっしゃいました びっくりしました!

s-IMG_7027.jpg

東横線の大倉山駅へ下りました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。私は おはずかしいかぎりですが、忘れ物をして翌日も参りました!?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019年10月29日のつぶやき 2019/10/30


nice!(0)  コメント(0) 

本仁田山-川苔山 [関東甲信越 登山]

2019年10月12日の台風の災禍で日原方面不通のために蕎麦粒山に代えて実施。同じく長くきつい道のりでしたが行き交う人も少なく&スリルも味わいながら奥多摩の秋山を楽しみました。

s-IMG_6803.jpg

7時歩き始めの同様のハードコースです。

s-IMG_6805.jpg

日原川を渡って安寺沢沿いに林道上がる

s-IMG_6811.jpg

モノレール付き 古民家の横を上がっていきます 地主の方のご好意らしいです

s-2675.jpg

うへー 取り付きだけですが さすが台風あと

s-IMG_6817.jpg

あとはジグザグ急登を上へ もうすぐ大休場?尾根上の平たいところですが

s-IMG_6819.jpg

花折戸尾根分岐 鳩ノ巣の取り付きあたりの沢が渡れないらしいです

s-IMG_6820.jpg

うれしい登頂!目の前の丸こい石は、その昔、氷川の河岸から私たちが積んだものかもしれません?

s-IMG_6823.jpg

今日は晴れてなにより!

s-IMG_6830.jpg

コブ高山 こちらは大根の山の神へ 日帰りの時に重宝しそうです 

s-IMG_6831.jpg

私たちは前泊ですし、さらに奥へ

s-IMG_6833.jpg

振り返ると、あっという間に本仁田山がせり上がり 

s-IMG_6835.jpg

さてその場で決めようと思っていましたが、正面が鋸尾根、右に東の巻き道(左への巻き道はすでに通行止め)

s-IMG_6837.jpg

鋸尾根(難路)の表示に、巻き道へ行ってみると、急斜面のトラバース道が始まってヤバイところになってしまいました

s-IMG_6841.jpg

引き返して鋸尾根に仕切り直し やはり尾根道は安心

s-IMG_6842.jpg

大岳山が見えてなごみます

s-IMG_6843.jpg

どんな岩場が出てくるかなとは思いましたが、

s-IMG_6853.jpg

だいじょうぶ。下りの方がいやか

s-IMG_6850.jpg

標高が上がって色づいてきました。

s-IMG_6855.jpg

川苔山をロックオン


s-IMG_6857.jpg

舟井戸にてメインルートも合わさって、お腹が空いたけどあと少し。

s-IMG_6860.jpg

そのむかし売店もあった肩を過ぎ、

s-IMG_6865.jpg

登頂~ 平田さん 初登頂

s-20842.jpg

達成感!

s-IMG_6867.jpg

今日歩いていたかもしれない、トヤド尾根

s-IMG_6868.jpg

三つドッケ

s-IMG_6870.jpg

ちらりと蕎麦粒山

s-IMG_6873.jpg

なかなかいいところでしたが、台風後の現実的な状況はこのとおりで 行ってはいけないところばかり。

s-IMG_6878.jpg

ふだんのこの時期でしたら もっと登山者も多いのでしょうが。

s-IMG_6883.jpg

やはり台風を耐えて色づいている これらの紅葉を見てあげてください。

s-IMG_6891.jpg

鳩ノ巣へ長い下り道。小沢を渡るところは多少崩れていますが 

s-IMG_6892.jpg

いつごろ積まれたのか 石積みのじょうぶなことには感心するばかり(昭和40年代後半まで 住まわれていた 峰集落が有名です)

s-IMG_6894.jpg

大量の倒木

s-IMG_6897.jpg

大根の山の神 私たちは写真右から、左から下りてきた方々は本仁田山から

s-IMG_6905.jpg

将門伝説の、鳩ノ巣城山が大きい

s-IMG_6908.jpg

ネコと対峙する鷲田さん

s-IMG_6913.jpg

奥多摩駅へ戻り。久しぶりのアドベンチャーコーチ

s-IMG_6914.jpg

がんばれ観光荘!

s-IMG_6915.jpg

期待の、餃子屋さんお休み~

s-IMG_6917.jpg

青梅まで出て「とんでん」へ。神奈川には少ないのですが、おいしいイワシ御膳をいただけました。台風後にリスクポイントを抑えながら、しっかりと歩けたのはほっとしました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奥多摩 六ツ石山 [関東甲信越 登山]

六ツ石山へ 奥多摩駅集合、マイカー組は湖畔駐車場へ。

s-IMG_6715.jpg

先の台風で、まだまだ満水の奥多摩湖 ダムからの放流もすごかったです

s-IMG_6724.jpg

登山口へ水根沢を少しさかのぼります 御前山方面がせりあがってきます

s-IMG_6726.jpg

農家さんの畑横からとりつき ここまで山行記録はチェックしながらも、むかしみちなどの人気コースでも通行止めが相次いでいてひやひやしました 

s-IMG_6728.jpg

尾根筋では倒木以外はだいじょうぶでしょう

s-IMG_6730.jpg

小さな祠 風の神土?

s-IMG_6731.jpg

急登を上がるとトオノクボにて黄葉。カラマツも。

s-IMG_6735.jpg

防火帯をしばらく上がって山頂へ。

s-IMG_6737.jpg

ガスに巻かれてしまったけど登頂!学生さんの団体もいました。

s-IMG_6743.jpg

山頂からの奥多摩駅へ長い石尾根へ。

s-IMG_6746.jpg

これが六ツ石?

s-IMG_6753.jpg

しばらく下りるとガスの下に出て、御前山現る

s-IMG_6762.jpg

こちらは日原不通にて、次の日に行けなくなってしまった蕎麦粒山

s-IMG_6768.jpg

紅葉も若干遅めながら進行中。

s-IMG_6771.jpg

しばらくお預けの日原川上流の山々

s-IMG_6772.jpg

峰畑峠というところだったかな 北側から林道が通じていました

s-IMG_6774.jpg

羽黒山のあたりへ。もとから予定にはありませんでしたが、城集落やイソツネ尾根も小沢を小橋で横切っていくので、リスクが大きいでしょう。

s-IMG_6777.jpg

三田は戦国の地域豪族の名。羽黒は やはり出羽関係なのでしょうか?

s-IMG_6778.jpg

愛宕山が近づいてきました。

s-IMG_6782.jpg

まずはお宿 観光荘へ。

s-IMG_6783.jpg

高橋様!季節のデコレーションもきれいで寛げるかんじ。ほっとしますね。

s-IMG_6785.jpg

日帰りの方をお送りして日原川を奥多摩駅へ。(その後 奥多摩湖へ車も回収)

s-IMG_6796.jpg

彩り豊かで美味しいお食事。毎年来たいくらいです。。。

s-IMG_6797.jpg

さて天皇陛下!もお泊りになりました。横に、このセンスいいこの お宿の女将さん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山北-足柄 [神奈川 ウォーク]

台風あとの様子見と、11月末のイベント~冬季のプラン下見にて、山北-足柄へ

s-IMG_6603.jpg

即位の礼22日に、虹もかかり、そして富士山冠雪したとか 吉兆ですね

s-IMG_6609.jpg

富士見塚 1月に渋沢丘陵と結んで歩きます予定

s-IMG_6619.jpg

左 二子山から明神ケ岳 箱根もどうなりますことやら

s-IMG_6621.jpg

真鶴半島と、伊豆の大室山 2月にその奥の矢筈岳に行こうかと

s-IMG_6622.jpg

富士の絶景 申し分ないですね

s-IMG_6626.jpg

新松田駅 窓から 矢倉岳から鳥手山など かなりダメージをこうむっているようです

s-IMG_6633.jpg

つぶらの公園 12月にここから大野山を目指してみようかと

s-IMG_6646.jpg

大野山 12月初めにイベントがあります こちらはだいじょうぶでしょう

s-IMG_6655.jpg

高松山はだいじょうぶそう。松田山は田代から上がる道が長引きそう

s-IMG_6657.jpg

曽我丘陵の予定はこの冬ありません

s-IMG_6663.jpg

(丹沢の奥のほうは 順次通行できるようになるでしょうが 破線コースなどは数年かかるかもしれませんね)

s-IMG_6668.jpg

しばらく一般コースをたどりながら様子を見ていくことになろうかと思います

s-IMG_6695.jpg

10日を経ていても、増水しているであろう洒水の滝へ

s-IMG_6696.jpg

一度くらいは見たことあるかもしれないけど、かなりの増水ぶりでした

s-IMG_6700.jpg

いい天気で周りは爽やかなのに、ここはもうびちゃびちゃでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奥日光 小田代浜-竜頭の滝 [関東甲信越 ウォーク]

奥日光も水害がなかったわけでないですが、限定的のようでしたので

s-IMG_6489.jpg

山王峠越えの林道は通行止めにて日光市街経由(混雑!)。明智平(混雑!)はガスの中、お腹がすく前に食べてしまいましょう。

s-IMG_6492.jpg

三本松に駐車。男体山大きい。ガスが晴れている~早く来ればよかったかな

s-IMG_6495.jpg

戦場ヶ原にぬける道だけ、水嵩ましでアウトでした

s-IMG_6504.jpg

いいじゃあないですか

s-IMG_6512.jpg

三ケ岳のほうに展望あり

s-IMG_6513.jpg

中村さんが オカリナを吹いてくださいました 雰囲気あるー 坂本九の「友だち」

s-IMG_6521.jpg

いささか強調があるにしても

s-IMG_6529.jpg

抜群の時期にあたった 高揚感があります

s-IMG_6530.jpg

いいですねえ 

s-IMG_6543.jpg

「よかったじゃない」

s-IMG_6547.jpg

もともと7時間ぐらい歩くつもりだったので ここぞとばかりに歩きましょう~

s-IMG_6549.jpg

軽く一周します

s-IMG_6555.jpg

北関東でも紅葉がこんなに始まっていたのですね

s-IMG_6556.jpg

今年はちょっと遅めらしいから 時期的によかったのかもしれません。

s-IMG_6563.jpg

男体山が再お出まし やはり背景にほしい

s-IMG_6567.jpg

さらに西へ

s-IMG_6575.jpg

人も少なくなりましたが ますます彩きれい

s-IMG_6577.jpg

泉門池(いずみやどいけ)水は多いですが、いい色合いです

s-IMG_6578.jpg

木道も損傷ないようです

s-IMG_6579.jpg

台風から一週間あとに歩けるだけでもラッキーでした

s-IMG_6586.jpg

湯ノ湖に行く道はまだだめのようでした

s-IMG_6593.jpg

最後はちょっと急ぎ足になりましたが、うまく路線バスに乗れてベースに戻れました

s-IMG_6596.jpg

来年は男体山にも登りたいなあ。

s-IMG_6598.jpg

さて竜頭の滝、こちら行きは混んでいたので帰りにと寄ったのですが、まだ混んでいました(平日なのにすごい)。

s-7372.jpg

駐車するのに大変そうなので、皆さまに下りてみてきていただきました[あせあせ(飛び散る汗)]

s-7371.jpg

ご参加者 中村さんのお写真 3枚

s-7373.jpg

きれいーですね。

s-IMG_6600.jpg

新幹線が30分遅れになってしまったので、あきらめていた餃子をいただけました!おみやげで冷凍も買いまいしたが、やはりその場でいただくのもうまい!メンバーのうち お3方ほどもお店でジョッキを片手にお楽しみでした。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

奥鬼怒 加仁湯 [関東甲信越 ウォーク]

鬼怒沼へ行こうとお集まりいただきましたが、登山道崩落の情報などもあり慎重に 

s-IMG_6403.jpg

災害ゴミも見られる宇都宮駅から、遠路移動、満水の川俣ダム湖にて昼食

s-IMG_6409.jpg

瀬戸合峡を見下ろします けっこうすごいです 

s-IMG_6417.jpg

なくなってしまった温泉地、女夫淵に駐車 

s-IMG_6418.jpg

後ほどの報道だと、川俣温泉の間欠泉の吹きだし具合が減ってしまったようです

s-IMG_6420.jpg

いいかんじの歩き出し

s-IMG_6422.jpg

自然遊歩道も自重せざるを得ないようです

s-IMG_6427.jpg

ちょうど頃合いのいい標高が見れます

s-IMG_6430.jpg

それにしても、山深い林道がきれいに片付けられていました

s-IMG_6432.jpg

後ほど宿の近くに重機を見ました 専用車があるのでしょう

s-IMG_6439.jpg

自然歩道より陽当たりも良くてきれいでよかったのかもしれません

s-IMG_6441.jpg

思い出してみても、ここを林道を歩くのは初めてでした。

s-IMG_6444.jpg

送迎バスが頻繁に行き来していましたが、通り過ぎてしまうのはもったいない!?

s-IMG_6449.jpg

福島県境の稜線

s-IMG_6451.jpg

スーパー林道が見えてきました 宿も近いはずです

s-IMG_6453.jpg

「なかなか歩きがいがあるわ」

s-IMG_6464.jpg

スーパー林道分岐

s-IMG_6466.jpg

名湯到着!金精峠や尾瀬に抜ける山登りだと(送迎バスも不要だし)、最奥の日光沢温泉泊まりとなりますから、今回ここに泊まれるのは感慨深いですね。

s-IMG_6467.jpg

玄関前にいいカエデあり

s-IMG_6472.jpg

個人用風呂 5本の源泉があるとか

s-IMG_6475.jpg

迫力ある囲炉裏 夜はここで酒盛りしているグループもいらっしゃいました!

s-IMG_6477.jpg

たいへんなご馳走をいただきました 他にもたくさんの宿泊のお客さんがいらっしゃいました

s-IMG_6479.jpg

お部屋からはこんな渓流の景色

s-IMG_6480.jpg

川に近い露天風呂からもこの景色

s-IMG_6481.jpg

夜、今回健闘したラグビー日本チームは負けてしまいました。南アフリカは決勝でも勝って優勝したし、よく戦ってくれました! ちょっとボーっとして、続くキムタクのシェフドラマを見ていたら意外に面白かった!のでいい気分転換になりました。

s-IMG_6485.jpg

やはり、鬼怒沼へは次回に再挑戦するとして、




s-IMG_6487.jpg

送迎バスで女夫淵に戻って紅葉時期のやはり良さそうな日光方面へ向かうことにます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

平塚コスモス [神奈川 ウォーク]

平塚コスモス。昨年、久里浜で見れなかった(塩風台風)けれど今年は、、、

s-IMG_6307.jpg

台風過ぎ

s-IMG_6308.jpg

冠水したあとの河川敷 台風通過12日から4日後

s-IMG_6310.jpg

けっこう高いところに草がたまっています

s-IMG_6317.jpg

コスモス畑へ

s-IMG_6323.jpg

コスモス、少し残っていました!

s-IMG_6327.jpg

けなげ!

s-IMG_6328.jpg

よく残っていてくれました

s-IMG_6331.jpg

ベルマーレの練習場は水没したあと、芝は見えないくらいに ゴールポストは避難してありました

s-IMG_6333.jpg

東海道が渡っていました

s-IMG_6338.jpg

スコットランドから移設された教会 結婚式場として利用されています

s-IMG_6342.jpg

国道1号にもどって

s-IMG_6344.jpg

越水せずに済んだけれど十分増水した相模川を越えて茅ケ崎へ。

s-IMG_6354.jpg

頼朝公落馬と伝わる旧橋

s-IMG_6356.jpg

レプリカの立つ池の下に 本物が保存されています

s-IMG_6365.jpg

新しくきれいになっている浜見平に目を見張りながら行くと、さすが湘南というような 新しいカフェ

s-IMG_6372.jpg

しにせ網元食堂で食事。

s-IMG_6370.jpg

海ぎわを歩くときの楽しみですね

s-IMG_6373.jpg

浜辺も荒れていました

s-IMG_6378.jpg

数日後の花火大会に向けて片付けが進められていました。たいへんですね。

s-IMG_6382.jpg

定番地、茅ケ崎のC

s-IMG_6388.jpg

野球場ある茅ケ崎公園に 味のあるコミュニティバス 子供たちもたくさん、元気よく遊んでいました。

s-IMG_6390.jpg

「かっこいい」?かな。茅ヶ崎駅に到着しました。台風通過4日あと、中止した奥多摩の山はじめ、高尾山や多くのところが歩けなくなっているなか、いつもの皆さまと歩くことができました。ご参加くださいましてありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

六十里越(湯殿山-志津) [全国(東北 北海道 関西 九州)]

六十里越の後半

s-IMG_6064.jpg

千手観音のような千手杉

s-IMG_6076.jpg

弘法大師の足跡

s-IMG_6078.jpg

まだ見えないけど 月山にも近づいてきました

s-IMG_6080.jpg

きつい坂を過ぎると 歩きやすい道です

s-IMG_6094.jpg

なにか雪国独特の不思議な地形を感じました 

s-IMG_6138.jpg

タモリさんにブラついてほしい

s-IMG_6140.jpg

最後の急坂を上がって

s-IMG_6103.jpg

峠に到着、一休みできました

s-IMG_6118.jpg

ヤブっぽい山道を遥拝所に上がってみました 

s-IMG_6110.jpg

その昔 雪深いときなど、ここから眺めることでも参拝したことになったそうです。

s-IMG_6116.jpg

自然の中の鳥居、すばらしい調和 これから鳥居まで歩きます

s-IMG_6122.jpg

幹に刻まれた文にも解説がつけられています

s-IMG_6126.jpg

少しびちゃびちゃしてきました

s-IMG_6128.jpg

すばらしいブナ林

s-IMG_6135.jpg

歩きやすい道

s-IMG_6138.jpg

湯殿山手前、ここにも小屋があったところのようです

s-IMG_6140.jpg

豆腐ルート、メインルートではないみたい

s-IMG_6146.jpg

増水地点。久しぶりに靴を脱いで渡渉しました。

s-IMG_6152.jpg

湯殿山に出ました。

s-IMG_6162.jpg

美しい たくさんの参拝客

s-IMG_6164.jpg

荷物を預けて、本宮に詣でました 語らずということで写真はありません 2年続けてくるとは思わなかった!

s-IMG_6160.jpg

即身仏 レプリカでもありがたみが十分にあります

s-IMG_6168.jpg

参篭所では神の湯に入浴して このようなごちそうをいただきました 

s-IMG_6178.jpg

翌朝、朝食をいただいて 気持ちよい空気のなか出発

s-IMG_6183.jpg

湯どのみちと重なる部分を過ぎると 心細いかんじになりますが 標識はどこでもしっかりとしていて助かりました

s-IMG_6188.jpg

今日もそこそこの峠越えです

s-IMG_6191.jpg

そろそろ帰りのことが気になりだすと

s-IMG_6200.jpg

なんかもっと歩いていたい気になります

s-IMG_6202.jpg

ぜいたくなことです

s-IMG_6212.jpg

明るい大くき峠

s-IMG_6214.jpg

蔵王方面 山形だなあ

s-IMG_6220.jpg

いいところで一休み 

s-IMG_6221.jpg

朝日連峰方面も見えました

s-IMG_6227.jpg

あとは下りていくだけかあ

s-IMG_6233.jpg

そして紅くなっている月山の裾

s-IMG_6235.jpg

志津側は少し荒れてきます

s-IMG_6237.jpg

なんのなんの

s-IMG_6239.jpg

たまに月山方面が見えます 晴れてよかった!

s-IMG_6241.jpg

沢はいくつか渡りますが、昨日のような渡渉もないし 

s-IMG_6243.jpg

あったってもうだいじょうぶ!?

s-IMG_6246.jpg

小湿原

s-IMG_6247.jpg

中に入って行ってみると 

s-IMG_6250.jpg

とても秋を感じさせてくれるところでした

s-IMG_6263.jpg

樹間から

s-IMG_6257.jpg

奥が月山

s-IMG_6262.jpg

きれいだなあ 最後にまた いいものが見れました 

s-IMG_6265.jpg

姥沢のリフトのアナウンスが聞こえてきたりして

s-IMG_6266.jpg

反対から上がるとたいへんそうです

s-IMG_6270.jpg

さらに長く歩くスタイルもあるようですが私たちは志津まで

s-IMG_6271.jpg

最後に またきれいな林

s-IMG_6279.jpg

車道に出ました! ほどなく村営バスで 高速バス停に出られました 清水さんは一足早く 左沢経由で山形へ。

s-IMG_6283.jpg

高速バス停で1時間近く待ちましたが、仙台行きに乗れました。現代の移動は早いなあ。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。古道歩きは山歩塾のメインメニューの一つ。今回は最高クラスに上質な古道でしたね。仙北街道歩きというリクエストもいただいています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

六十里越(鶴岡-大日寺-田麦) [全国(東北 北海道 関西 九州)]

六十里越 山形から鶴岡までを結んだ出羽の国を横断する道で 古くは奈良期にもさかのぼりそうであるとのこと

s-IMG_5857.jpg

山形駅早朝発バスで鶴岡手前の あさひIC(8:50)から歩き出し。気の利いたコンビニみやざき さんがあって大助かり

s-IMG_5864.jpg

少し奥に歩いた本明寺

s-IMG_5867.jpg

こちらにも即身仏がいらっしゃるようです

s-IMG_5869.jpg

野草ハンターの桑原さん なにか?みっけ

s-IMG_5873.jpg

さらに奥に入ると、やっと頼りにしていたノボリを見つけました。じつはこのコースは本コースから派生する準コースで今回はバス停から近いので歩くのです。

s-IMG_5890.jpg

急坂すこしで本コースに合流して山道を「十王峠へ」。

s-IMG_5892.jpg

予報どおり、降られてしまいましたが、ここでお昼に。

s-IMG_5897.jpg

また雨が降り出してきてしまいましたが 木々は元気そうに

s-IMG_5900.jpg

一里は1.5kmくらいではなかったかと推測されるそうです(≒90km) 

s-IMG_5903.jpg

今回は3日間で その中ほどと湯殿山への往復を合わせて32kmを歩きます。

s-IMG_5909.jpg

山中から注連寺の敷地に出ました


s-IMG_5913.jpg

御本堂 「月山から流るる、、、」森敦の有名小説の碑があり、鉄門上人の即身仏も拝見したことがあります 写真を見てのとおり、本降りになってきてしまいました。昨年の車旅でも雨にて 降られやすいところのようです。

s-IMG_5926.jpg

棚田 地すべりに地でもあるらしい 山の中で大網とはめずらしいと思っていたら 阿弥陀仏の阿弥のことのようです。

s-IMG_5927.jpg

今日は舗装路が多くて雨でも足元はいいのですが、強い雨では木々が遮ってくれないので 大粒の雨を浴びてしまいますね。

s-IMG_5932.jpg

そんなたいへんな状況でしたが、ずぶ濡れの私たちを大日寺のご住職やスタッフの方々の親切なおむかえいただいて来たかいがありました 即身仏は衣替えをされます 新潟県からのご信者が多いように見受けました 江戸時代のものが多く残されていますが、遠い昔からそのような修行があったのだと思います。ご住職のお話では弘法大師がお伝えしたものではないかとのことでした。家光公の健康祈願のため春日局が通われ、家康公の手形もあり、思わず合わせました(私もマスガタ相)。飛鳥時代の重文像も見れます。あー書ききれないですね。

s-IMG_5942.jpg

本来の正門はこちら 何人もの信者さんがここから訪れたのでしょう 味わいのある佇まいです。江戸期には日本最大の大伽藍があったとか。そのうちCGやドキュメントで全貌を明らかに見せていただきたい。

s-IMG_5949.jpg

なにか神秘的なムードで歩いていると、大日寺の以前の敷地に皇壇の杉あり。景行天皇(日本武尊(ヤマトタケル)の父と伝わる)ゆかりとか。この世のものでない雰囲気あり。天気のせいもあったのかもしれないですが。

s-IMG_5818.jpg

さあ初日もあと少し 最後の峠越えです

s-IMG_5955.jpg

名水にもよらず


s-IMG_5961.jpg

美田を横目に

s-IMG_5963.jpg

宿舎の田麦荘に下りてきました。お風呂に入ってくつろいでいると、ずぶ濡れの撮影隊が到着しました。シンガーソングハイカーとオリンピック選手の女性2人。NHKで放映されるらしいで楽しみです。

s-IMG_5965.jpg

撮影のご相伴にあずかったか、すごいごちそうの数々が並びました。序盤にご飯を食べていたらお腹がふくらんでたいへんなことになりました。

s-IMG_5972.jpg

お昼はお蕎麦屋さん。次回来てみたいなあ。ご歓待をありがとうございました!

s-IMG_5976.jpg

2日目は田麦俣へ。

s-IMG_5989.jpg

改修中でしたが 重厚な古民家が残ります。

s-IMG_6008.jpg

蟻のように列をなしたという坂ですが、今回は右に大きく旋回へ。

s-IMG_6010.jpg

田麦俣を振り返る 美しい景色です

s-IMG_6012.jpg

寄り道をしたのはこちらを観るためです

s-IMG_6013.jpg

百名瀑 七ツ滝

s-IMG_6025.jpg

すばらしい

s-IMG_6027.jpg

紅葉が進めばまたいいでしょうね

s-IMG_6033.jpg

さきほどの蟻越坂の先にはこのコースで合流できます ゆるやかであるとあります

s-IMG_6042.jpg

もじもじブナ

s-IMG_6049.jpg

天気も快方へ 気持ちいいです

s-IMG_6052.jpg

国道112号線のスノーシェッドの上を歩くという

s-IMG_6055.jpg

長い登りが続きます

s-IMG_6063.jpg

途中に地元の方々がいらっしゃいました。出演依頼があったNHKの撮影隊を待っているのだそうです。私たちよりだいぶ後ろのようなので まだ来なさそうなことを伝えると、(撮影時に)練習になるかな とたくさんお話を聞かせてくださいました。

s-IMG_6062.jpg

「日本でこれほどの昔道がよく残っている所はないです」とのこと。これは放映のときにも必ず使われるフレーズでしょうね。(後半に続く)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

秋田焼山-新玉川温泉 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

翌日は紅葉の山から 秋田焼山の荒々しい風景への変化を楽しみながら玉川温泉に下りました。

s-IMG_5704.jpg

お世話になりました さあ出発

s-IMG_5710.jpg

旅館の敷地を抜ける登山道は(増築工事のため)通行止めになっていたので

s-IMG_5711.jpg

少々迂回しながら山の中へ。

s-IMG_5713.jpg

秋山に来た実感

s-IMG_5716.jpg

すっきり晴れというよりは しっとりか

s-IMG_5721.jpg

八幡平はラクをしたので 今日は少々の登山です(泊り荷物は車にデポしています)

s-IMG_5728.jpg

ブナの美林 木の根のあたりもきれいですね

s-IMG_5732.jpg

クマにご注意

s-IMG_5735.jpg

急登を終えたら休憩

s-IMG_5739.jpg

北西にすばらしい眺め

s-IMG_5740.jpg

昨年の八甲田を思い出します

s-IMG_5741.jpg

柴山さんもいらっしゃいました

s-IMG_5746.jpg

絵のよう

s-IMG_5744.jpg

樹海ですね

s-IMG_5757.jpg

なだらかな稜線に乗りました

s-IMG_5758.jpg

風は冷たくなりましたが 風が抜けて気持ちいいです

s-IMG_5763.jpg

紅葉もこのあたり・湯ノ沢というのだったか がいちばんきれいでした

s-IMG_5767.jpg

焼山避難小屋 またナイスなところに小屋があって昼食にしました けっこうたくさんの方が寄って行かれました

s-IMG_5771.jpg

少し近くの火山を見学に

s-IMG_5775.jpg

焼山サイコー

s-IMG_5780.jpg

核心部といえるところでしょう

s-IMG_5783.jpg

さあ脱出です

s-IMG_5788.jpg

せまいところを抜けて

s-IMG_5789.jpg

たぶん火山湖の池も訪ねて

s-IMG_5793.jpg

噴気上がる焼山(本山?)に上がり

s-IMG_5802.jpg

外輪山を越えます

s-IMG_5806.jpg

玉川温泉方面が開けた!

s-IMG_5810.jpg

そして登頂

s-IMG_5829.jpg

下山路は案外けわしくて、前日までの雨のせいで足元もゆるめで難渋しました

s-IMG_5834.jpg

温泉の噴気が見えてきました 最後の最後、急な下山路で舗装路になって助かりました

s-IMG_5842.jpg

黄色い!

s-IMG_5845.jpg

岩盤浴小屋にはけっこうな人がいらしたようですが、外にはちらほらお見掛けしただけ。さすがに6月よりは人が少ないのかな。玉川ブルー

s-IMG_5849.jpg

なまはげのお出迎え こわいじゃん 中には美味しそうな軽食がたくさん

s-IMG_5851.jpg

皆さんには有名な強酸性の湯にも入浴していただいて、私はバスで後生掛温泉に戻って車を回収、田沢湖・雫石経由で盛岡にもどりました。予定していた新幹線にぎりぎり!でした。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。


ご参加者の声:「車内に入ったら、ピィと笛がなりセーフ。皆さん大変お世話になりました!楽しい山旅でした有難うございました。」「筋肉痛です(>_<) 久し振りに皆さんにお会いできて楽しかったです」「高橋さん、皆さん
お世話になりました。 初めての八幡平、満喫出来ました」「いつもありがとうございます[exclamation]ロングでしたが、変化に富んだ良い山でしたね。又宜しく[手(パー)]



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

八幡平-後生掛温泉 [全国(東北 北海道 関西 九州)]

八幡平-秋田焼山 東北シリーズ。名湯後生掛温泉に泊まります。

s-IMG_5519.jpg

盛岡から道は空いていたのですが、駐車場から登山道へはなかなかの人出


s-IMG_5526.jpg

霧で寒いので、中でランチ 陵雲荘、いい小屋ですね

s-IMG_5530.jpg

湿原めぐりへ いいところです さすが百名山

s-IMG_5546.jpg

そろそろ晴れてこないかなあ

s-IMG_5547.jpg

と思っていると、ガスがはれて草紅葉の平原が姿を見せてくれました。

s-IMG_5562.jpg

草黄葉は それできれいなのですが

s-IMG_5557.jpg

やはり空の青が入ると映えます

s-IMG_5570.jpg

グリーンは

s-IMG_5573.jpg

アオモリトドマツですね りっぱな実ですね

s-IMG_5584.jpg

一周して 頂上へ

s-IMG_5590.jpg

鏡沼 ドラゴンアイ、いつか6月末に見たものより早い時期なのでしょうね


s-IMG_5603.jpg

アスピーテラインの紅葉

s-IMG_5610.jpg

遠いけど、もっといろんなスタイルで来たいなあ

s-IMG_5611.jpg

さあ、秋田県側へ

s-IMG_5612.jpg

展望台より

s-IMG_5616.jpg

蒸の湯(ふけの湯)方面

s-IMG_5622.jpg

ビジターセンター

s-IMG_5629.jpg

近くの紅葉

s-IMG_5630.jpg

大沼へ散歩

s-IMG_5631.jpg

こちらもいいころです

s-IMG_5639.jpg

リンドウ

s-IMG_5651.jpg

後生掛温泉から自然研究路にも 売店でヤマブドウを買いました 黒玉子は翌日のお楽しみ

s-IMG_5654.jpg

歩きやすい歩道

s-IMG_5662.jpg

陽も傾いて来ましたが まだ歩きます

s-IMG_5666.jpg

泥火山というのだそうです

s-IMG_5672.jpg

周遊はできなくなっていましたが 噴気の中を出かけます

s-IMG_5673.jpg

ナナカマド

s-IMG_5674.jpg

薄暗くなってきたのでもどりましょう

s-IMG_5677.jpg

東京から遠距離を移動して よく遊びました

s-IMG_5683.jpg

東北の深い秋を味わえました

s-IMG_5691.jpg

さあ、温泉 木の箱に入る蒸け湯がおもしろかったし 泥湯もいい感じでした

s-IMG_5696.jpg

そして豪華な食事(ほんとはもっと質素でもいいのだけど)

s-IMG_5699.jpg

この季節にお献立、お値段もそれなりになりまする

s-IMG_5701.jpg

八幡平ポークだって 鶏の西京焼きもおいしかったような ペロリでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鶴見川源流ウォーク [神奈川 ウォーク]

小山田緑地から鶴見川源流には至近 それで午前中は小山田緑地を歩いて午後に鶴見川源流を訪ねます

s-IMG_5400.jpg

町田からバス30分 レトロなバス停

s-IMG_5402.jpg

すぐ奥にある大泉寺 サクラ並木みごと

s-IMG_5407.jpg

今はヒガンバナ 小山田緑地へ

s-IMG_5413.jpg

地元の方々も集う展望よい小高い丘。丹沢の山々

s-IMG_5412.jpg

丁寧な展望図

s-IMG_5420.jpg

土の道を あんがい長く歩けます

s-IMG_5428.jpg

秋の実

s-IMG_5431.jpg

サービスセンター

s-IMG_5438.jpg

東京町田市 山深いなあ

s-IMG_5443.jpg

深い谷がスリル 梅木窪分園内の吊り橋(もどき)

s-IMG_5447.jpg

また山道 楽しー

s-IMG_5448.jpg

けっこう長く歩いてしまいました

s-IMG_5453.jpg

アサザ池に着きました

s-IMG_5457.jpg

いいところです

s-IMG_5460.jpg

サ、サクラ

s-IMG_5464.jpg

里山 中世の小山田城があったあたりのようです

s-IMG_5468.jpg

稲穂たわわ

s-IMG_5473.jpg

ゴルフ場を回避して左大回りに歩きます

s-IMG_5476.jpg

山中分園を抜けて

s-IMG_5481.jpg

よこやまの道を越えて

s-IMG_5484.jpg

長い山道を抜けて唐木田で昼食。

s-IMG_5485.jpg

数少ないバスに乗れて少し楽して よこやまの道へ復帰 ここは多摩市

s-IMG_5486.jpg

さあ、源流へ 山を越えて町田市に戻ります

s-IMG_5494.jpg

せまい道を抜けて

s-IMG_5495.jpg

正山寺を横に見て

s-IMG_5514.jpg

サイズの大きなオクラ畑を抜けて


s-IMG_5505.jpg

源流の泉に辿りつきましたが、番人のようなおばさん(↑)が待ち受けてらっしゃいました。

s-IMG_5511.jpg

泉はきれいですが サクが張り巡らされていました ビミョウな雰囲気です

s-IMG_5506.jpg

??? でも、よく歩きました。

s-IMG_5507.jpg

何かあったのでしょうね。都会の河川の源流としてリアルな結末でした[あせあせ(飛び散る汗)]が、年末にかけて鶴見川沿いのウォークプランが続きますので、今回は①回目といったところでしょう。


ちなみに 10/31新羽丘陵にて新横浜-新羽(大倉山)、11/7 神奈川宿ウォーク(鶴見集合-生麦(河口))、11/17 寺家-三輪ウォーク(市が尾集合)です。ご都合よろしかったら またぜひおでかけください。おつかれさまでした。 ご参加くださいましてありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北ア 秋の燕岳② [関東甲信越 登山]

登山2日目? 山小屋に泊まると、夕暮れのほかに 日の出も楽しむチャンスがあります

s-IMG_5230.jpg

陽が上がる前にいい色の時間があります

s-IMG_5231.jpg

遠方なのに 富士山もくっきりですね

s-IMG_5240.jpg

餓鬼岳かあ

s-IMG_5242.jpg

こんな日の出でした

s-IMG_5257.jpg

しばらくして槍ケ岳

s-IMG_5269.jpg

さらにしばらくして

s-IMG_5271.jpg

下山がもったない気がしまして 秋のアルプス稜線を、蛙岩まで往復してくることに

s-IMG_5272.jpg

立山-剣岳 今年登った左の龍王岳も見えてうれしい

s-IMG_5274.jpg

黒岳 湯俣から真砂岳への尾根にも苦戦しましたs-IMG_5276.jpg

あそこかな

s-IMG_5278.jpg

この大岩の間をぬけるところがおもしろいです

s-IMG_5280.jpg

こんな感じです

s-IMG_5284.jpg

奇岩の稜線ですね

s-IMG_5286.jpg

柴崎さんの勇姿

s-IMG_5289.jpg

イエス #トレッキング と言葉が浮かびました

s-IMG_5294.jpg

大天井岳まで行きたいけど もう1日要ります

IMG_5027 4.jpg

2枚をつないでみました 右に 笠ケ岳や双六岳が見えます

s-IMG_5302.jpg

北方を見ながら 復路です

s-IMG_5303.jpg

今年最後のアルプスは天気にも恵まれました

s-IMG_5309.jpg

来年は湯俣の温泉に入りに行こうかしら(山小屋だけど いい湯宿ですよ)

s-IMG_5310.jpg

何かいました

s-IMG_5317.jpg

雷鳥さん?

s-IMG_5318.jpg

こんな感じにおかくれに。

s-IMG_5321.jpg

岩と柄が似ているんですよね

s-IMG_5324.jpg

槍ケ岳さようなら

s-IMG_5319.jpg

燕岳さようなら

s-IMG_5335.jpg

燕山荘さようなら

s-IMG_5338.jpg

ナナカマドの赤

s-IMG_5340.jpg

ダケカンバの黄色

s-IMG_5342.jpg

そのミックス

s-IMG_5351.jpg

また来たいなあ

s-IMG_5354.jpg

合戦小屋の下 少しずつ上がってきています

s-IMG_5363.jpg

森林限界下で シラビソが入ってもいいですよね

s-IMG_5364.jpg

有明荘は下山後もお風呂に入れてくれます(荷物は外で整理 私たちはクルマに置きでしたが、荷物も預かってくれます)

s-IMG_5374.jpg

お昼にトンカツ定食をいただきました

s-IMG_5378.jpg

穂高駅で大阿久さんとはお別れ。穂高駅で多少待ちましたが、松本に出て、帰りは久しぶりにあずさで、まあーにぎやかに帰りました。おつかれさまでした。ご参加くださいましてありがとうございました。


ご参加者の声:「3日間!大変お世話になりましたぁ!楽しかったです!」「北アルプスパノラマ写真プラス雷鳥3羽。燕岳はなぜ100名山じゃないの???」「素晴らしい写真に感激です。楽しい燕岳ご一緒させて頂きありがとうございました」「燕岳やま旅、お疲れ様でした[わーい(嬉しい顔)] とても楽しい登山が出来ました [るんるん]燕岳山頂の絶景に感激です [ぴかぴか(新しい)]ご一緒させて頂いた皆様に感謝です ありがとうございました[\(^o^)/]」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行